スマーフ狂いの『スマーフリーク』

スマーフ狂いの『スマーフリーク』

2011年のアメリカの3Dファミリー映画。ペヨによるコミック『スマーフ』及びそれを原作とした1980年代のテレビアニメを原作としている。監督はラジャ・ゴズネル、出演はニール・パトリック・ハリス、ハンク・アザリア、ジェイマ・メイズ、ソフィア・ベルガラ。
ソニー・ピクチャーズ アニメーションが初めて手掛けたCGIと実写の融合作品であり、『スマーフ』三部作の一作目となる。
どこかの世界にあるスマーフたちの村。そこではブルームーンフェスティバルの準備が勧められていた。そんな中パパ・スマーフはスマーフたちの中でも一番のドジであるクラムジー・スマーフがドラゴンの杖を手にし、近くの城に住む悪い魔法使いガーガメルの笑い声が鳴り響く中スマーフたちが檻に入れられる予言を見てしまう。予言が実現しないことを祈るパパであったが、スマーフ枝を取りに行ったクラムジーはガーガメルとその飼い猫アズラエルに見つかってしまう。クラムジーは間一髪で村に逃げ込むが、魔法で村を隠していたことがガーガメルにバレてしまい村に侵入されてしまう。逃げ惑うスマーフたちであったが、クラムジーが道を間違えて逃げていることに気付いたパパ、スマーフェット、グラウチー・スマーフ、ブレイニー・スマーフ、ガッツィー・スマーフたちは彼を追いかけて洞窟の中の崖に辿り着く。その時崖の先にある滝に奇妙な渦巻きが生まれ、6人は吸い込まれてしまい現代のニューヨークに迷い込んでしまう。
スマーフたちは化粧品メーカーの広告担当をしているパトリック・ウィンスロウとその妻グレースのアパートに落ち着くことになり、元の世界に戻るために必要な「スターゲイザー」を探しにニューヨークの街を駆けまわる。彼らの人間とは違った考え方と行動にパトリックは頭を抱えるが、グレースは落ちこぼれであるクラムジーと仲良くなっていく。そして渦巻きを通ってガーガメルとアズラエルもニューヨークの街にやってきてしまう。彼はスマーフたちから青いエキスを抽出し、魔法の素にして名声を得ようとしていたのだった。
「スターゲイザー」を手にしたスマーフたちはブルームーンが起きる日に元の世界に帰れることを知るが、それには魔法の呪文が必要であった。古本屋でペヨの描いた本を見つけ無事に呪文を得るが、その途中でパパがガーガメルに捕まってしまう。
スマーフたちは果たして全員揃って無事に村に帰れるのか。

公開

北米での公開日は元々2010年12月17日を予定していたが、2011年7月29日に延期された。その後さらに2011年8月3日に延期されたが 、2011年3月25日、結局元の7月29日に戻された 。

興行収入

北米では3395劇場の5300スクリーンで公開され、そのうち2042ヶ所が3D劇場であった。2011年7月28日、エグジビター・リレーションズは『スマーフ』の週末興行収入は2400万ドルで3位になると予想したが、一方でアナリストのジェフ・ボックはそれを上回り、ダークホースになるとした。また同日、『エンターテインメント・ウィークリー』誌のジョン・ヤングは週末興行収入は3200万ドルで、『カウボーイ & エイリアン』に次いで2位になると予想した。また彼は、チケットサービスのファンダンゴの調査では、本作はチケット売り上げでリードしていると述べた。『スマーフ』は公開初日の金曜に1320万ドルを売り上げ、1300万ドルの『カウボーイ & エイリアン』を上回った。ソニーの調査によると、『スマーフ』の観客の65%が、12歳以下の子供(25%)とその両親(40%)だった。また、観客のうち64%が女性で、55%が25歳以上であった。
週末興行収入の概算値は『カウボーイ & エイリアン』、『スマーフ』共に3620万ドルであった。詳細値は『カウボーイ & エイリアン』が3640万ドルで『スマーフ』は3560万ドルの2位であったが、興行アナリストの多くが予想していた3000万ドル以下という数字を上回った。2度目の週末は約42%下落した2070万ドルを稼ぎ、『猿の惑星: 創世記』に次ぐ2位を維持した。
北米のほかに7カ国で同時に公開され、初週末に440万ドル、スペインだけでは400万ドルを売り上げた。2週目には42カ国まで拡大され、ほとんどの国々で1位となり、約4520万ドルを売り上げた。うち、ブラジルで665万ドル、フランスで593万ドル、メキシコで553万ドル、ドイツで543万ドル、インドで1720万ルピーを売り上げた。

批評家の反応

批評家には概ね否定的な評価を受けた。Rotten Tomatoesでは101個のレビューで22%の支持率であり、平均点は10点満点で4点となった。また、Metacriticでは22個のレビューで30点であった。評論家には批判されたものの、CinemaScoreによる観客の満足度調査では、18歳以下の観客からは「A」評定であった。

音楽

アメリカのポップ・パンク・デュオ、パニック・アット・ザ・ディスコの『レディ・トゥ・ゴー』がエンディングに使用されている。アルバム「悪徳と美徳」に収録されているがサウンドトラックには収録されていない。