【dアニメストア】月額料金や支払い方法、注意点、dTVとの違いを解説!

いろいろなアニメがラインアップされていることで評判のdアニメストアですが、利用してみたいと思っている方も少なくないと思います。

この記事では、dアニメストアの料金や支払方法、さらにdTVとの違いについて解説してしていきます。

この記事をお読みいただくことによってdアニメストアの料金や支払いに関することが分かるようになりますので、最後までお読みいただけるとうれしいです。

dアニメストアの月額料金について

月額料金と無料期間、他の動画配信サービスとの料金比較

dアニメストアの料金は400円(税別)です。400円さえ払えば、アニメばかり専門の約3,000本のコンテンツをいつでも楽しめます。

dアニメストアは、ドコモが運営しているアニメ配信サービスなのですが、ドコモ以外のキャリアユーザーでも問題なく利用することができます。月額料金は、ドコモユーザーと同じ400円で、視聴できるアニメの内容も全く変わりません。

しかし、ドコモ以外のユーザーでは利用を始める時の登録方法と月額料金の支払い方法がちがいます。詳しくは、次の「dアニメストアの支払方法と変更方法」をお読みになってください。

有名で人気のある動画配信サービスである Netflix・ Hulu・U-NEXTと比較してみると、dアニメストアは、ほとんど月額料金が半額で楽しむことができます。ドラマや映画などは見ることができず、アニメに特化している動画配信サービスだけに、利用料金はかなり割安になっています。

dアニメストアに登録するのに、入会金などは必要ありません。登録すると、31日間の無料体験期間があるので、その間に自分の見たい作品があるのかということや使い勝手などを試してみることができるので、この期間に自分にとって合うサービスかどうか確かめてみることができます。

さらに、定額見放題となっている作品とは別に、特別に料金を払って見ることができる作品も存在します。レンタル作品の対象となるのは新作のものが多く、dアニメストアのトータルのコンテンツ数からみれば、それほど多くありません。

別途料金を払ってレンタルした作品は30日以内に視聴を開始しなければならず、、画質を選択するところを押した後の7日間に限って視聴できるということになります。

いずれにしても、400円を払えば、ほとんどのコンテンツは見放題となりますし、他の動画サービスよりも割安で31日間の無料体験期間があることは、把握しておく必要があります。

請求日と注意点を解説

dアニメストアでは毎月の1日に課金されることになっています。

31日間の無料体験期間を過ぎて、利用してしまうと翌日から月末までの料金、つまり前月分の料金が翌月の1日に課金されることとなります。

dアニメストアでは日割り計算という考え方をしていません。 月のまん中でも終わり頃でも無料体験期間が終了し、有料プランになってしまうと日割り計算はされず、1月分まるまるの400円が翌月の1日に請求されることとなります。。

例えば8月30日に無料期間が終了し、解約せずに8月31日も利用を続けた場合、8月31日の1日しか有料期間には入っていないことになりますが、9月1日に前月の8月分の400円が課金されるというシステムになっています。

要するに、月の途中で登録したケースでも、解約したケースでも請求される利用料金は400円(税抜)になってしまうということです。

無料体験期間の方は、課金されるタイミングに入ってしまわないように、前もって解約しておくことも対策としては良いかもしれません。

退会手続きをしてしまったとしても、31日間の無料期間が終了するまではコンテンツを見ることができるので、解約を忘れて課金されてしまったということをなくせるからです。

dアニメストアの支払方法と変更方法

dアニメストアの支払方法について

dアニメストアの支払方法
ドコモユーザー 携帯キャリア決済
ドコモ以外 VISA、Mastercard、JCB、American Expressのクレジットカード

dアニメストアの支払いを携帯料金と一緒に清算できるシステムを利用できるのは、ドコモを使っている方に限られます。

ドコモ払いと区別しにくいのですが、dアカウントに登録しているクレジットカードやdポイントで決済を行うd払いという制度もあるのですが、このd払いはdアニメストアの決済には使うことができない仕組みになっています。ですので、dアニメストアの支払いにdポイントを利用することはできません。

ドコモを使っていない方は、クレジットカードでdアニメストアの料金を支払わなければなりません。

dアニメストアではVISA、Mastercard、JCB、American Expressのクレジットカードが利用できます。Dinersは使うことができないので注意が必要です。

別途料金を支払うことになるレンタルも同様の方法で決済することになります。。

ちなみに、デビットカードは利用できないということでした。

話しはそれるかもしれませんが、au、ソフトバンクの方がどうしても携帯料金と一緒に支払いたいのであれば、ニコニコ動画dアニメ支店というものがあり、そこではau簡単決済、ソフトバンクまとめて払いも利用可能となっています 。

dアニメストアの支払方法の変更の仕方

dアニメストアの支払いに利用するクレジットカードを変更したい場合は、dアカウントから手続きをする必要があります。

dアカウントの公式サイトからログインします。
ログインしたら「会員情報の確認・変更」のところををクリックします。

「主なドコモサービスの契約一覧」というメニューが出てきますので、そこをクリックすると画面が下の方に移動します。

「クレジットカード番号」という箇所がありますので、そこから変更することができます。

 

 

dアニメストアとdTVの違いとは?

 

ドコモが運営している動画配信サービスとして、dTVというものもあります。dTVは、dアニメストアと何が違うのでしょうか。

dTVには、国内外の映画・ドラマなどいろいろなジャンルのコンテンツが配信されているのですが、一方、dアニメストアはアニメ作品だけということになります。

これならば、dTVですべてカバーできると思われるかもしれませんが、アニメでも配信される作品数が違ったりします。

dTVにもジャンルとしてアニメはありますが、dアニメストアとはコンテンツの数が異なります。作品の数でいうとdTVのアニメは500本くらいということですが、dアニメストアでは3000本以上となっていて、かなりの差があります。。dアニメストアの方が約6倍くらいの膨大なアニメ作品がそろえられています。

料金はほぼ同じくらいなので、いろいろなジャンルを見るなら「dTV」、アニメをたくさん見たいなら「dアニメストア」となります。

操作面では、dTVは他の動画サービスのような一般的なインターフェースになっています。
一方、dアニメストアは、アニメをみるための作りになっています。

50音順や、ジャンルから好きなアニメが探せるようになっていますし、今シーズンのアニメ作品のページもあり作品が非常に探しやすいです。

機能としては、イッキ見しやすい「連続再生」やオープニングの部分を飛ばす「OP(オープニング)スキップ」、好きな声優を登録できる「フォロー」などがそろっています。

このように一般的な動画サービスであるdTVとアニメに特化したdアニメストアは、ドコモの運営でも違う点が多くあります。

 

まとめ

ここまでをまとめると、

・dアニメストアは月額400円(税抜)
・31日間の無料体験
・請求日は毎月1日が基準
・ドコモユーザーは携帯料金と一緒に決済
・ドコモユーザー以外はクレジットカード決済
が重要な点でした。

dアニメストアはアニメ専門の動画配信サービスなので、アニメ好きの方ならば、必ず好きな作品が見つかります。

無料体験期間が31日間あるので試してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です