【ハンソロ】キーラのその後、生きてたダースモールとの関係について考察!

スターウォーズのスピンオフ作品として、メインキャラのハンソロの過去を描いた作品「ハン=ソロ」では、チューバッカヤランド・ガルシアンとの出会いなど、往年のファンであればワクワクする内容だったと思います。

また、ラストでは登場人物のキーラがその後どうなったのか、そしてまさかのダースモール登場にも驚かされたものです。この記事では、キーラのその後やダースモールについて言及していきます!

 

スポンサーリンク

 

 

【映画ハンソロ】キーラについて

 

引用元 映画 ハンソロ

 

出身は惑星コレリアで、ハンソロとは幼馴染の関係で、どうやら恋人同士でもあった模様。当初は犯罪集団ホワイト・ワームズに所属していました。

当初、隷属的な生活を余儀なくされていた惑星コレリアから抜け出すことを望み、逃亡のチャンスがやってきますが、コロネット宇宙港のゲートを通過しようとしたとき、ハンソロは逃げる事ができたものの、キーラは捕まってしまいます。

その後、クリムゾン・ドーンの指導者ドライデン・ヴォスに命を救われた代償として、忠誠を誓う事を命じられています。忠誠の証として、首と腕にはクリムゾン・ドーンのマークが印字されていました。

また、その際に「テラス・カシ」という武術を仕込まれていましたので、それによって過酷な戦いを切り抜けてきたことが想像できます。

ハンソロと別れてから再会するまでの間には、大きな出世を果たしていてリムゾン・ドーンの副官にまで上り詰めていました。

また、物語の終盤にハン・ソロとドライデン・ヴォスとのバトルが勃発し、キーラもトライデンに加勢する様子でしたが、それは見せかけでハンソロを守り、トライデンを倒します。

その後、下記にて取り上げますが、ハンソロと(結果的に)今生の別れを告げる事となり、ダースモールによって場せられた可能性は高そうです。

女性ながら反骨精神を持ち、過酷な環境を生き延びながらも、旧知の仲のハンソロを想う気持ちにブレはなかったので、芯の強い女性だと感じました!

 

スポンサーリンク

 

映画「ハンソロ」考察!キーラのその後について!ダースモールに処刑されたのか?

 

引用元 映画 スターウォーズ・エピソード1

 

映画「ハンソロ」のラストのほうで、キーラは通信にてダースモールとやりとりをしていました。ドライデン・ヴォスは、表向きの親玉だったようで、真のボスがダースモールだった模様。

この時系列でのダースモールは、エピソード1でオビワンによって真っ二つにされた後、下半身を機械で補った状態になっていました。

ダースモールと言えば、シスに属していますので、キーラも実はシスの一員として生きてきた可能性はありそうです。しかし、ハンソロを思いやる描写はあったので、完全にダークサイドに堕ちたわけではなく、飽くまでも従うふり(従わざるを得ない)をしていただけではないかと。

実際のところはわかりませんが、ライトセーバーを起動させて、ちょっとお怒り気味のようにも見えたので、キーラの行動を快く思っていなかったようにも見えました。(裏切りに気づいていたのかも?!)

ですから、あのあとハンソロには真実を伝えずに別れを告げたまま、自身は処刑されるのを覚悟のうえで、ダースモールの元に言ったのではないでしょうかね?

劇中でも、ハンに対して「組織から抜けられない」という発言をしていたので、実はダースモールの事を指していたのではないかと考えられるわけです・・・

そもそも、キーラが生きていたとしたら、本編に登場していてもおかしくはなさそうなので、罰せられたと考えるのが自然ではないかと・・・

 

スポンサーリンク

 

 

キーラがレイの母親説について

 

エピソード9が公開される前までは、実はキーラがレイの母親ではないか?という説がありました。しかし、レイはパルパティーンの孫であることが判明しましたし、キーラがパルパティーンの血族である可能性は低いので、それはないかと思われます。

また、パルパティーンの娘という立場であれば、優遇された生き方をしていたようにも考えられますし、ダースモールであれば血筋からフォースを持っていることがわかるでしょうし、もしそのことを知ったうえでスパルタな態度を取っていたとなれば、逆にダースモールのほうがパルパティーンから処刑されかねないかなと推察します・・・

 

 

キーラを演じた女優は、エミリア・クラーク!

 

引用元 https://www.cinemacafe.net/article/2019/03/22/60817.html

 

映画「ハンソロ」にて、キーラを演じた女優は、イギリス出身のエミリア・クラークです。ゲームオブ・スローンズではデナーリス・ターガリエン役を演じていました。

また、2015年の映画「ターミネーター: 新起動/ジェニシス」にてサラコナー役を演じていたり、その他話題作に出演しています。

ハンソロのオーディションでは、ハンソロ役の俳優・オールデン・エアエンライクとの相性も重視されたようですが、直ぐ意気投合できる仲だったようで、撮影後も友人として交流があるようです。

 

 

 

 

今後、キーラについて描かれる可能性は?

 

現在、スピンオフドラマとして、マンダロリアンが配信されていますが、映画でも新作シリーズの公開が控えています。キーラが活躍した時間軸だと、昔の話なので、実写映画で掘り下げられる可能性は低いかなと予想します。(新作映画では、未来の時間軸が描かれそうなので)

となると、もしキーラについて描かれることになるとしたら、CGアニメが妥当なところかなと予想しますが、こればかりは何とも言えませんね・・・

 

 

スポンサーリンク

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!