【天国と地獄】東朔也は犯人?陸や新月との関係を暴露!

ドラマ「天国と地獄」にて、またまた衝撃的な新事実が明らかとなり、頭が混乱しそうですが、新たな人物・東朔也(あずまさくや)の名前が出てきました。

この東朔也とは、物凄く重要なカギを握っているとのことで、何者なのかが気になって仕方ありません・・・

また、「東朔也」の名前が出た時の陸の表情を見る限りでは、何か知っていそうな感じもしましたし、もしかしたら以下のような可能性も考えられます・・・

  • 「日高と入れ替わった人物」
  • 「∅(クウシュウゴウ)」
  • 「歩道橋の彼女」の正体で、手紙を差し出した人物

 

スポンサーリンク

 

 

東朔也は日高と入れ替わった真犯人?!

 

第6話で明らかになった情報を箇条書きでまとめていきます。

  • 第5話で逮捕した九十九によると、日高が犯行を行うのは「新月の晩」
  • 陸と仲間たちが、日高(彩子の身体)が荷物を入れていたコインロッカーを探し出し、リストを入手する。
  • リスト内には、「久米(くめ)」という数字の9を表す人物がいた。
  • 日高(彩子の身体)は、新月の晩に犯行を行うと思われていたが、実際には何もなかった。
  • 日高(彩子の身体)は、誰かを待っていた様子だった。
  • 陸は道路に描かれた数字を消す依頼をされていた→クウシュウゴウが依頼人。
  • 漫画「闇の清掃人」とは、主人公はクウシュウゴウと言う人物で、ミスターXという人物の指令によって法では裁けない悪人を裁くというもの。
  • 陸曰く、「クウシュウゴウ」が日高の共犯とのこと。
  • 日高(彩子の身体)は、警察のデータベースから「東朔也」を検索中。
  • 奄美大島に来ている男性が、過去に日高に会ったことがあると語っていたが、その時は日高と名乗らずに「東朔也」と名乗っていた。

 

ということで、第6話の内容を踏まえると、日高は「東朔也」と身体を入れ替えていた可能性があると考えられますし、陸も何か知っていそうな様子でした。

 

ツイッターでも、以下のような考察が出回っていて、陸が何かを知っていそうな様子だったため、もしかすると師匠の湯浅が関係しているのかも?!

 

 

 

スポンサーリンク

 

東朔也と陸の関係とは?湯浅が正体なのか?

 

 

上記のツイートを見ると、「東朔也」は犯人でもあり、陸の師匠である湯浅という可能性があると言えそうですね。

第6話のラストで、ネットカフェにいた陸は何か意味ありげな表情をしていたので、何かを察したのではないかと思われますし、陸とつながりのある人物というと、彩子か湯浅になります・・・

彩子は犯人を追う立場なので、まさか真犯人と言う結末を迎えるのであれば、それこそどんでん返しになって混乱しそうです( ゚Д゚)

下のツイートの意見は、なかなか鋭い意見のように思いました。

 

 

東朔也とクウシュウゴウの関係とは?

 

 

彩子たちとは別に、セク原こと川原たちは、別の角度から犯人に迫っているようです。「φクウシュウゴウ」と名乗る人物が「十和田元」という名前であることを突き止めました。

しかし、肝心の十和田元は自死していたのですが、遺品を整理していた人物のひとりに「東」であることがわかりました。

つまり、十和田元が所持していた漫画を東という人物が持ち出したものと考えられ、その漫画が「闇の清掃人」である可能性と、東というのが「東朔也」であり、「クウシュウゴウ」なのではないかと予想します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

東朔也=新月なのか?!

 

「東朔也」の「朔」という文字には、「新月」という意味があります。Wikipediaには以下のように記載されています。

(さく)とは、月と太陽の視黄経が等しくなること、また、その時刻のことである。現代的な定義での新月(しんげつ)と同義である。

 

ツイッターでも、以下のおうな考察がありました。

 

また、新月について考察すると、犯人が犯行を行うのはいつも新月だったことを踏まえると、日高と朔が実は入れ替わっていて、朔が真犯人なのではないかと考えられます。

そうであれば、第6話で日高(体は彩子)が「どうして来なかった?」と発言していたことの裏付けになるんじゃないかと思いますし、日高は朔が犯行に及ぶことを予知していて行動していたのではないかと考えられます。

第7話以降で新たな情報が入ると思いますが、新情報が入り次第追記していきます。

 

 

スポンサーリンク

東朔也は、日高と血の繋がりがない兄弟だった!

 

日高の父親によると、二卵性の双子の兄がいるとのこと。そして、四方と言う人物に負債を押し付けられたとか・・・

手紙の書き主も、東朔也が書いたものと判明しました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!