Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

一度死んでみたネタバレなし感想!主題歌のデスメタルとは?

2020年3月20日(金)より、
映画「一度死んでみた」という
コメディ映画が全国公開となります。

広瀬すずさんが主演で、なんと
デスメタルバンドのボーカル役を
演じるという事で、

思い切ったことをするなと
思いましたが、

映画プロモーション用の
主題歌らしきものについて、

SNS上ではガチのメタルファンからは
「こんなのデスメタルじゃない!」
と苦情が目立つ模様。

個人的には、飽くまでエンタメ作品の
ネタとして取り扱っているだけだと
思うので、

そんなに躍起にならなくても
いいのではと思ってしまいますがw

さて、この記事では、
映画「一度死んでみた」について、

  • あらすじを含むネタバレ
  • 感想
  • 主題歌で取り上げられた「デスメタル」とは?

といった内容を取り上げていきます!

この記事をご覧頂くことで、
映画「一度死んでみた」の
内容を掴むことや、

デスメタルとはどんなものなのか
についてご理解頂けると思います!

 

スポンサーリンク

 

 

映画「一度死んでみた」見どころをネタバレ!

 

チョイ役でも豪華!

  • 佐藤健
  • 妻夫木聡
  • 松田翔太

といった人気俳優もちょい役で
登場していて、

特に佐藤健がほんの数秒程度の
出演だったのは驚きでしたw

飲み屋のボーイ役でちょっと
おとぼけな役柄で出演してました。

その他、城田優さんや西野七瀬さんなども
ほんの少し出演していたのには、
笑ってしまいました^^

松田翔平がおじいちゃん?!

劇中の中で、若返りの薬を
作っているという設定がありましたが、

実は松田翔平さん演じる藤井さんが、
堤真一さんから「じいさん」と
呼ばれていたのですが、

劇中の中で、80歳の役を演じていて、
若返りの薬を使って若返ったという
ことでした・・・

因みに、作品タイトルにもなっている
「一度死んでみた」薬を開発したのも
藤井さんでした。

 

「一度死んでみた」の薬は2日間!意外と泣ける展開に・・・

「一度死んでみた」の薬は2日間
死んだあと、再び生き返るという
設定でした。

誰得?!な感じの薬でしたが、
主人公の七瀬と父・野畑計が
心を通い合わせるきっかけになった
ことを考えると、

ハラハラドキドキさせる2日間
だったものの、

ラストは親子水入らずという
流れだったので、ほっこりできる
内容だったかなと。

吉沢亮が壊れ役?!

どちらかというと、イケメンで
二枚目な役が多い吉沢亮さんが、

本作では「ゴースト」というあだ名が
つくほどの存在感の薄いキャラを
演じていました。

劇中で、バンド「魂ズ」のファンに
飲まされてぶっ壊れる場面が
ありましたが、

結構サマになっていて笑えました^^

映画「一度死んでみた」感想

 

結論から言うと、面白かったです!
バンド「魂ズ」の演奏も、

ボーカルパートはポップでしたが、
演奏面だけだったら本格的な
デスメタルだったように思います。

また、SNSを見て知りましたが、
海外でも有名になりつつある、

CRYSTAL LAKEというバンドで
ベースサポートをしている、

ミツル(ex.キバオブアキバ)が楽曲の
監修もしていたようなので、

叩かれるほどのものではないと
改めて確信しました。

ちなみに、CRYSTAL LAKEとは、
こんな感じのバンドです。


引用元 SharpTone Records

ミツル氏が以前やっていた、
キバオブアキバのMVです。

引用元 キバオブアキバ製作委員会

 

また、劇中のラーメン屋でかかっていた
BGMはガチのデスメタルだったかなと。

キャストについても、

  • 佐藤健
  • 妻夫木聡
  • 松田翔太

など、人気俳優がチョイ役で
出演していたので、

結構贅沢な使い方をしているな
と感じました^^

スポンサーリンク

今思うと、キャストはかなり豪華でしたが、
堤真一さんの演技が一番良かったかなと。

全体的にギャグ作品として、
とても楽しめる内容でした^^

 

 

映画「一度死んでみた」の主題歌について

 

引用元 松竹チャンネル

 

上の動画は、広瀬すずさんが
劇中でバンド「魂ズ」として
歌っている曲なんですが、

聴いてみたら結構ポップで
少なくとも胸糞が悪くなるような
感じではありませんでした。

作曲したヒャダインという方も、
デスメタルについて知らない
わけではないだろうし、

エンタメ作品というテイストや、
「死」を取り扱う内容と
「デスメタル」という言葉が
マッチしているから、

デスメタルという表現を用いて
いるだけであり、

ガチなデスメタルファンが
どうやら苦情を言っているのは
ちょっと大人げないかなと。

僕もデスメタルを聴く立場に
いるからこそ、

逆に広瀬すずさんが本気で
グロウル(デスメタル特有の
歌唱方法)で歌ったとしたら
逆に引いてしまいますw

ですから、個人的にはあの曲は
一般受けを狙うにはちょうど
いいんじゃないかと思うわけです。

また、日本のデスメタルバンドの
WORLD END MANが、

魂ズの曲をカバーしている動画を
アップしてちょっとバズった
みたいですが、

このくらいのユーモアが
あったっていいんじゃないかと
個人的には思いますね。

 

ちなみに、world end manは、
こんな感じの曲を演奏している
バンドです。

引用元 world end man チャンネル

個人的にもCD持ってますし、
一度だけですがライブも観たことが
あります。

日本よりは海外で活動したほうが
受けそうな感じですね!

(ボーカルの人は英語ペラペラで
元々は海外で活動してたようなので)

ボーカルの人の毒舌っぷりは
ユーモア感あふれているので、

SNSをチェックしてみると
いいかも?!

 

スポンサーリンク

 

 

映画「一度死んでみた」のデスメタルとは?おすすめ5選を紹介!

 

さて、音楽の「デスメタル」という
ジャンルについてですが、

ざっくりいうと
「怒り」や「憎しみ」、「死」などを
テーマにした、

ヘヴィメタルのサブジャンルの
ひとつです。

色んな意味で過激なジャンルでも
あるので、日本ではかなりニッチな
ジャンルなのではないかと。

有名、人気どころでは
以下のようなバンドがいます。

決して広瀬すずさんのような
可愛らしさはなく、

むさ苦しさ120%なので、
その点はご注意ください(笑)

また、デスメタルバンドといっても、
それこそ星の数ほど存在しますし、

挙げたらきりがないので、
個人的な好み且つベタなところ
ピックアップしている点は
ご容赦ください<m(__)m>

 

 

OBITUARY


 引用元 RELAPSE チャンネル

1990年代から活動している、
アメリカの古株のデスメタルバンド。

メンバーのなかで、ドラマーが
アンドリューWKのバックバンドで
ドラムを叩いていたのはそこそこ
有名な話?!

個人的には、デスメタルという
よりはハードコア風な感じも
していて、

おどろおどろしいバンドの
イメージとは裏腹に
比較的聴きやすい音楽性が
カッコいいなと感じます^^

2020年2月現在では、
10枚のアルバムを発表して
います。

また、2020年1月に来日して
東京公演をソールドアウト
させていたのは記憶に新しい
ところです。

 

SUFFOCATION

引用元 ObsceneExtremeFest

このバンドも1990年代から
活動していて、影響を受けたバンドは
少なくはないかと思われます。

いちど1998年に解散していますが、
2003年から再結成して現在に
至ります。

2020年現在では、8枚のアルバムを
発表しています。

2019年にはボーカリストが
脱退するということもあったのか、

来日公演時はかなりの反響が
あった模様。

ギタリストの方は、オッサン風
ルックスなのに、ドレッドヘアー
という斬新なスタイルなのが印象的
(笑)

本人もそれをネタにしているのか、
グッズのTシャツで、自身の顔を
デザインにしたという可愛らしい
ものもあったりします(笑)

 

CRYPTOPSY

引用元 Cryptopsy オフィシャル

 

実は日本で最も売れている
デスメタルバンドかもしれません(笑)

全世界で30万枚ほどの売り上げが
あると言われています。

30万枚と言われてもあまり驚かれない
数字かもしれませんが、

かなりニッチなジャンルの中で
これだけの数字を出せるバンドは
なかなかいないので衝撃的です。

このバンドも90年代から活動していて、

  • 7枚のアルバム
  • ベストアルバム(2枚組)
  • 2枚のEP

を発表しています。

このバンドも2019年に来日
しましたが、

東京公演ではキャパ600人くらいの
ライブハウスをソールドアウト
させたので、人気の高さを伺えます。

2019年の来日時では、V系バンドの
人もSNSでこのバンドについて呟いて
いるのを見かけたので、隠れファンが
多いのかもしれません(笑)

 

CARCASS

 

引用元 Nuclear Blast Records チャンネル

僕が最初に聴いたデスメタルです!

イギリスを代表するデスメタルバンド
というと、このバンドやナパームです
を想起する方は少なくはないかと。

かの有名なギタリスト:マイケルアモットが
(現:アーチ・エネミー)
在籍していたことでも有名です。

ギタリストのビルは、
元ナパームデスのメンバーだったり、

べージスト兼ボーカリストの
ジェフ・ウォーカーは、

ブルへリアに在籍していたことも
あります。

1993年に発表した「HEARTWORK」
が評価されて、

1996年に発表された「SWANSONG」
ではなんとソニーから発売予定
だったのですが、

色々あったようで、発表されず
解散にまで発展してしまいましたw

(その後、古巣のEARACHEから
発表済です)

ということで、マニアックな事ばかりを
書き連ねてしまいましたが、

このバンドが後々の
「メロディックデスメタル」
「メタルコア」
という新たなサブジャンルを
生むきっかけになったのは
間違いありませんし、

そもそもデスメタルというジャンル
そのものが表舞台にでるような
事も無かったかもしれないほど、

大きな功績を残したのも記憶に新しい
ところです。

ちなみに、精神科医の中野信子さんも
このバンドは好きみたいです(笑)

 

 

NAPALM DEATH

引用元 Century Media チャンネル

 

イギリスのバンドで、メンバーが
親日家であることでも有名です。

反社会的な事を歌ってはいますが、
日本の為にチャリティ的な事を
してくれたりしています。

べージストのシェーンが特に
日本が好きなようで、
奥さんは日本人です。

インスタグラムを見ると、
むさ苦しさ全開のはずが、

娘を溺愛する親バカっぷりが
垣間見れるのでなんだか
ほっこりします(笑)

また、

  • Youは何しに日本へ?
  • トリビアの泉

といったバラエティ番組で
取り上げられたのも記憶に
新しいところです。

また、俳優のジムキャリーが
このバンドのファンであることも
ちょっとしたトリビアかなと。

正確なことを言うと、デスメタル
というよりはグラインドコアという、

これまたサブジャンルのほうが
適しているのかもしれませんが、

日本での注目度や、知名度を
考えて敢えてデスメタルの
括りに入れました。

また、日本のインディーズバンドの
ヌンチャクのメンバーは、

おそらくこのバンドに影響を
受けていると思われます!

スポンサーリンク

さいごに

 

※劇場公開後に追記します。
暫くお待ちください。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!