【カイジファイナルゲーム】名言・セリフまとめ!場面と共に解説!

大人気シリーズ映画「カイジファイナルゲーム」でも、名言や名セリフが生まれています。この名言を言うシーンこそが、主演の藤原竜也さん演じるカイジの真骨頂とも言えるかなと。

この記事では、映画「カイジファイナルゲーム」での名言や名セリフを、どの場面で使われたのかについて解説していきます!

 

スポンサーリンク

 

 

映画「カイジファイナルゲーム」名言まとめ

 

「なんで7割も取られなきゃならねぇんだよ!働いているのは俺らだろ!」

 

 

派遣労働者のカイジが、ピンハネされまくってる給与明細を見て吐いたセリフです。この後、黒崎が登場して「辞めたい奴は辞めろ!」と逆切れします。

この場面が、カイジと黒崎との出会いでもありました・・・
 

キンキンに冷えてやがる、悪魔的だぁ~~~~!!

 

劇中のラストで、戦いに勝利して大金を手に入れた(と思っていた)カイジが結局無銭飲食することになったと気づき、やけくそ気味になってビールを飲むときに発したセリフです。

定番だった、「悪魔的だ~~~!!」のセリフが聴けるのも、本作が最後となりました・・・

 

 

 

働かざる者食うべからず! 死んで結構!

 

 

ひだまりコロニーという場所にて、税金を納めることができずに生活している人々が、強制退去を強いられるときに、高倉がカイジに対して放ったセリフです。

 

スポンサーリンク

 

「くそっ、これじゃ例の橋じゃねえか! なんでまたこんなことしてんだ俺!」

 

カイジがバベルの塔の頂にあるカードを取るべく、鉄骨を使って渡っていくときに発したセリフです。ちなみに、「例の橋」とは、1作目のなかでカイジが渡ったブレイブメンロードのことです。

この橋を渡っているときに鉄骨を揺さぶられたことで、

「落ちたら死ぬだろ!」

と何回も感情的に言っていたのは印象的でした。

 

 

ああ~! くっそ!!

 

東郷がカイジに対して、懸賞金を1000憶まで増やそうと持ち掛けた際に、カイジが渋々ながらも里了解したときに発したセリフです。

このあと、「報酬は貰うからな!」とちゃっかりした発言をしていたのも印象的。

本当に馬鹿かおめえら!クズ同士が固まっていたって一生ここから抜け出せるわけがねえ!クズ! クズ!クズの人生ただ繰り返して死んでいくだけだ! そうだろ?

 

バベルの塔での敗者に襲われたうえに、縛り上げられてしまったカイジが、敗者たちに吐きつけたセリフです。窮地に追いやられたはずのカイジが敗者を圧倒してしまうほどのインパクトがありました。

 

 

どっちに投げるか、お前の自由だ

 

カイジが東郷の息子・廣瀬に放ったセリフ。もともと東郷に復讐するつもりで秘書となった廣瀬だったが、カイジの言葉によって改心?!して心が動いたのか、東郷に加担すべく欠けたコインを東郷の天秤に向かって投げました。

この欠けたコインが、実は黒崎との戦いでの勝敗の決め手となりました!

 

 

 

俺は認めたくねえ

 

圧倒的に不利な状況の中でカイジが言ったセリフです。このセリフの後に、10憶を賭けてドリームジャンプに挑む事となりました。

スポンサーリンク

 

俺たちは勝ったんだ!お前が馬鹿にした、この欠けた金貨で俺たちは勝ったんだ!

 

カイジが黒崎に勝利した際に吐きつけたセリフです。この勝敗の決定打となったのは、実は廣瀬が投げた欠けたコインだったのです!

 

 

 

 

ようこそ底辺の生活へ!哀れだなぁ…!こけして、あしげにしていた自分の派遣社員に足元救われたんだな!まさに自業自得!ようこそ!馬鹿にしていた底辺の生活へ!

 

カイジが黒崎とのバトルに勝利した際に吐きつけたセリフです。実は黒崎が東郷やカイジに対して馬鹿にした感じで吐いた暴言でもあるので、ブーメラン発言のようにも感じられますね。

大嫌いなんだよ!お前らみたいなやつらが大嫌いなんだよ!

 

カイジに高倉に対して勝利したにもかかわらず、約束を破り去り際に吐き捨てたセリフです。

 

 

勝負すべき人間が決めるんだ!誰が何にベットするかは自分で決める!

 

カイジが戦いに負けた高倉に対して吐き捨てたセリフです。この後、

「お前は負けたんだ。排除しようとしていた、虫けらたちに」

というセリフも吐いていますが、このセリフもブーメラン的というか、皮肉を込めて吐き捨てるようにも感じられますね・・・

 

 

あんなに底辺が似合う男なんていないから

 

遠藤凛子が、カイジの賞金をだまし取った際に、協力した桐野加奈子に対して申し訳なさを感じる必要がないと、ある意味気遣い?!を感じさせるセリフです・・・

 

スポンサーリンク

さいごに

 

カイジシリーズは、逆転劇を描くストーリーではあるものの、いつもラストで貧乏に逆戻りしてしまう展開は、お約束のようなものなんでしょうね。

ま、ハッピーエンドじゃないのが、より面白くさせてくれるのかもしれませんが・・・

今回取り上げたセリフは、窮地に追い込まれた人間の感情がむき出しになったものが多いので、感情移入しやすいような気もします。

出演キャストの藤原竜也さん、吉田鋼太郎さん、福士蒼汰さんの演技がとても光る作品だったよう見も思います!

 

スポンサーリンク

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!