【岸部露伴】くしゃがらの意味とは?NHKが注意呼びかけする本当の理由を暴露!

NHKにて3夜連続で放送中のドラマ「岸部露伴は動かない」の、第2話のタイトルにもなった「くしゃがら」という言葉が話題になっているようです。

そして、ツイッターでもトレンド入りするほど話題を呼んだようで、NHK側も「視聴者の皆様の安全の為」ろ注意喚起するほどの出来事だった模様。

そこで、この記事ではドラマ「岸部露伴は動かない」の「くしゃがら」について言及していきたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

「くしゃがら」の意味とは?

 

物語の中では「禁止用語」として用いられていましたが、それ以外の具体的な内容はわかりませんでした。しかし、絶対に調べてはいけなくて、知った者には何か不幸が起きてしまうといったような雰囲気でもありましたね・・・

そういえば、冒頭の方で男性が衰弱死していましたが、きっと「くしゃがら」の意味を調べていたところ被害に逢ってしまったんでしょうね。

第2話の登場人物である、露伴と同じ雑誌で漫画を描いている十五が、「くしゃがら」について調べていたところ、「くしゃがら」について取りつかれたように調べるようになり、

編集部に通い詰めるようになったり、古本屋で本をあさりながらも店主の胸ぐらをつかみかかったりと、冷静ではない状態に陥っている様子でした。

ということを踏まえると、「くしゃがら」という言葉の意味は、気になったら何も手が付かなくなってしまい、取りつかれたように調べあさってしまうというのが答えなのではないでしょうか?

だから、冒頭で衰弱死していた男性も、十五と同じように、食事をとるのを忘れてしまうほどに、「くしゃがら」の意味を調べようと躍起になってしまった結果なのではないかと思うと、納得できるかなと。

 

スポンサーリンク

 

NHKが注意呼びかけした理由とは?

 


 

 

NHKが「くしゃがら」の意味を調べないようにと注意呼びかけした理由ですが、ドラマ本編のように、気が付いたら調べあさってしまうからだと思います(笑)

知らなくても良いことは、そのままにしていたほうが良いということなんでしょう(笑)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!