ルパン三世THEFIRSTネタバレと感想!あの作品を意識してる?

ルパン三世THEFIRSTネタバレと感想!どこかあの作品と似てる感が?

ルパン三世の映画作品シリーズ10作目にして、初のCG作品となった「ルパン三世 THE FIRST」作画がCGではあるものの、内容はいつものルパン三世といった感じで、往年のファンも楽しめる内容となっています!

また、声優陣には以下のような豪華メンバーが参戦していたのも話題でした!

  • レティシア:広瀬すず
  • ランベール:吉田鋼太郎
  • ゲラルト:藤原竜也

この記事では、映画「ルパン三世 THE FIRST」のあらすじを含むネタバレや、感想をまとめてご案内していきたいと思います!

スポンサーリンク

 

ルパン三世THE FIRSTあらすじを含むネタバレ

 

 

ルパンが狙う「ブレッソンダイアリー」とは?


ルパン三世が狙うのは、秘宝のありかを示した「ブレッソンダイアリー」。

第二次世界大戦末期、考古学者ブレッソンはダイアリーを娘夫婦に託しました。娘夫婦が帰った後、ダイアリーを奪おうとやってきたナチスドイツの部隊にブレッソンは殺害されてしまいました。

娘もまた一台の車に追われて事故に合い死亡、生き残った赤ん坊が持っていたメダルは奪われダイアリーは行方不明にー。

時は流れ、ルーブル美術館で初公開されるブレッソンダイアリー。警察官に変装したルパンはダイアリーを一度は手にしますが、女警備員に変装した少女レティシアに奪われてしまいます。

そこにヘリで現れた峰不二子にまたまたダイアリーを奪われてしまいました。その時、ルパンは銭形警部に捕まってしまいますが、レティシアは逃げていきました。

不二子にダイアリー奪取を依頼したランベールは、昔ブレッソンの娘から奪ったメダルでダイアリーを開こうとしますが開きません。

 

 

危険な秘宝「エクリプス」

 

次元と五ェ門に助け出されたルパンは逃げ延びたレティシアのもとに現れます。レティシアの部屋の資料からダイアリーの鍵は2つあると考えたルパン、そして祖父のルパン1世から受け継いだというメダルを取り出します。

レティシアの提案で2人でダイアリーを探すことになりましたが、実はルパンともう一つのメダルを確保したいゲラルトとランベールの指示なのでした…。

ランベールからダイアリーとメダルを盗み出した2人は、早速開錠を試みます。ダイアリーを開き解読すると、秘宝「エクリプス」はメキシコの遺跡に隠され無限のエネルギー源となる危険なものだ判明します。

そして、それを軍事利用しようと企むランベールとゲラルトにまた奪われてしまいます。ルパンは拘束され、ナチスドイツの復活というゲラルドの本当の目的を知ったレティシアもまた騙されていたことを知るのでした。

 

スポンサーリンク

 

 

レティシアとルパンの秘められた関係


輸送機に拘束されたルパンですが、同じく拘束されていた不二子とともに、ゲラルトにより外に放り出されたレティシアを飛行機で救出します。

さらに輸送機に追われるルパン達は次元と五ェ門になんとか助けられますが、ゲラルト達を追いかける手段がありません。

そこでルパンが助けを求めたのはなんと銭形警部、事のいきさつを聞き一時休戦しヘリでルパンとともにメキシコの遺跡へ向かうことになります。

途中、レティシアは本当の祖父がブレッソンであると知り、レティシアが持ち出したダイアリーを見てその支援者がルパン1世だったことも判明します。

遺跡に到着すると、ダイアリーを持つルパン達は難問を次々に突破していきます。
しかし、後をつけてきていたゲラルト達の襲撃に合いまたもや拘束されてしまいました。

 

 

 

レティシアの新たな一歩


ゲラルト達の手で起動した「エクリプス」の力で放たれた光球により山々は消失し大地には巨大なクレーターができていました。

レティシアはゲラルトとランベールが仲違いしている隙に「エクリプス」を自爆させようとしていましたが気付かれてしまいます。ゲラルトの銃撃からレティシアを守ったのは、ランベールでした。

ヒトラーに扮装したルパンの作戦により「エクリプス」を自爆させ、ゲラルトは光球に吸い込まれて野望は消滅したのでした。

銭形警部との一時休戦も終わり逃げ出そうとするルパンに「連れて行ってくれないの?」とレティシア。

そこでルパンはボストン大学からの招待状を渡します。銭形警部から逃げていくルパンの後ろ姿にレティシアは新しく一歩踏み出す決意をするのでした。

 

 

ルパン三世THE FIRST感想

ルパン三世シリーズのなかで初のCG作品となりましたが、肝心のストーリーはいつものルパン三世だったので安心しました!

また、ヒロインのレティシアがルパンに対して(恋愛感情かどうかはわかりませんが)行為を抱いて、行動を共にしたがっていた様子は、「カリオストロの城」のクラリスとの関係に少し似ているような気がします。

どうやら制作側も「カリオストロの城」を強く意識していたようで、「カリオストロ愛が漏れてしまった」と語っていたそうなので納得でした。

ワンパターンと言われればそれまでですが、ルパン一行と銭形警部が協力しあって戦う場面はいつも胸が熱くなります!

映画版の次回作がまたCGアニメになるのかはわかりませんが、きっと期待を裏切らない作品になると思うので、今から楽しみにしています^^

 

 

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です