【逃げ恥スペシャル】ネタバレと感想!みくりと百合は幸せになれる?

2021年1月2日に、2016年に放送されて人気を博したドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の正月スペシャルが放送となります。

ストーリーは、前作の続きということで、前作のラストの後が気になった方も少なくはないのかなと思います。

そこで、この記事ではドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」スペシャル版について、

 

  • ネタバレを含むあらすじ
  • キャスト
  • 感想

をまとめていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

【逃げ恥スペシャル】キャスト

 

森山みくり:新垣結衣

前作のラストの方で同居人の津崎がリストラの対象となったことを気に、偽装結婚から本当の結婚を意識するようになったが、飽くまでも事実婚の状態が続いたままだった。

その後、子供が欲しいと思っていたところ、妊娠したことがわかるが・・・

 

津崎平匡:星野源

 

もともとはビジネスライクな関係のはずだったみくりと、共同生活を続けるうちに恋愛感情が芽生えてきて、事実婚の状態が続いていた。

前職ではリストラの対象となったため、ツテをたどって無事転職することができた。その後、みくりが妊娠することとなったため、苦手だった家事を引き受ける事となったが・・・

 

 

土屋百合:石田ゆり子

 


御厨の叔母で外資系の化粧品会社に勤務するキャリアウーマン。前作のラストで平匡の元同僚の風見涼太といい感じになっていたはずだが、、、

しかし、同級生の勧めで婦人科検診を受けた結果、病気を患っていることがわかる?!

 

 

風見涼太:大谷亮平

 

ハイスペックなイケメンで女性に不自由しない生活を送っていたが、土屋百合と出会った時には涼太のほうからアプローチを続けてきた結果、ゴールインしたはずだったが・・・

 

 

灰原慎之介:青木崇高

引用元 https://www.stardust.co.jp/section3/profile/aokimunetaka.html

 

平匡が現在勤務中の会社「リゼアス」にてプロジェクトリーダーを務めている。割と古風な性格なのか、体育会系で下ネタ好きなど、コンプライアンス意識は高いといえないところがあり、部下たちからは嫌われている様子(苦笑)

また、男性が育児休暇を取得することにも賛成できない様子。

 

 

田中安恵:真野恵里菜

 

みくりの親友。実家の八百屋で働いていて、みくりのサポートで販売したジャムがヒットしたため、現在は女社長としてジャムの通信販売を行っている。

 

 

沼田頼綱:古田新太

 

引用元 https://www.cubeinc.co.jp/archives/artist/furutaarata

 

平匡の元上司でゲイでもある。現在は独立している。そして、百合の会社の部下の梅原と交際中でもある。

 

 

日野秀志司:藤井隆

 

引用元 https://profile.yoshimoto.co.jp/talent/detail?id=642

 

平匡が最も仲が良いと思っていた元同僚。平匡の元同僚の中では最も普通な感じではあるものの、テンションは高い。

 

 

梅原ナツキ:成田凌

 

百合の勤務する化粧品会社の部下。前作ラストで沼田と初対面後に交際がスタートして以来、ずっと交際が続いている。

 

 

花村伊吹:西田尚美

 


百合の高校時代の同級生で、30年ぶりに再会する。そして、百合に対して婦人科検診を受ける様に勧めていた。

 

スポンサーリンク

 

【逃げ恥スペシャル】あらすじ

 

森山みくりと津崎平匡は、共同経営者として家庭内でも役割分担をしながら仲睦まじく日々を送っていた。

みくりは会社勤めも始めていて、女性社員のなかでは出産の順番待ちといった話題も出ていたところ、みくりが妊娠したことがわかる。

そして、みくりの妊娠を機に、正式に結婚することになったが、入籍するにあたってひと悶着あった模様。

そして、みくりが妊娠したことで大変になったのと同時に、平匡自身も仕事にプライベートにとてんやわんやだった様子・・・

しかし、そんな平匡を支えていたのは元上司だった沼田たちでもあった。

一方、みくりの叔母である百合にも転機が訪れていた・・・

 

 

 

【逃げ恥スペシャル】ネタバレを含むあらすじ

 

前作のラストから、平匡は前の会社の取引先に転職でき、みくりもホームセンターの会社の会社に転職していた。

ふたりは家事を役割分担しながら和気あいあいと日々を過ごしていたが、敬語で話すのは相変わらずだった・・・

ある日、みくりは職場の同僚と出産の順番待ちの話をしていたところ、眠気に襲われることが多くなったため、検査キットで調べたところ陽性反応がでた。

そのことを平匡に報告すると、どうも素っ気ない様子だった・・・

その後、平匡からみくりに対して入籍に関する話を持ち掛けると、みくりが姓を津崎に変える事で落ち着いた。

後日、平匡とみくりが産婦人科に行くと、妊娠2か月目であることがわかり、役所にも正式に入籍届をすることとなった。

しかし、みくりの思いと平匡の他人行儀なところがかみ合わずにギクシャクしてしまう。

その後、平匡は以前の職場の同僚である沼田、日野、風見たちと飲んでいて、自分の御厨に対する態度を反省していた様子。

一方、百合は産婦人科で勤務するという、高校時代の同級生と再会して語らうなかで、風見と別れたことや今の自分の体調の事を話すと、検査を受ける事を勧められる。

後日、みくりは産休に入る準備をするため、育休の話を会社にすると、男性ばかりの部署で勤務していたため、仕事が回ることを懸念したために気まずそうにしていた・・・

また平匡が勤務する職場で、プロジェクトリーダーの灰原が周りの女性社員に対して「劣化」という発言をしたことに対して、

平匡がいつものノリで反論すると、以前から不満を抱いていた社員たちから灰原の愚痴を聞かされ、プロジェクトリーダーとしても推薦されるが、平匡はそういったゴチャゴチャしたことには関与したくないのか、逃げ出してしまう。

その後、帰宅すると疲れからか眠り込んでいたみくりのためにデザートを買いに行くが、不慣れな事だったため苦戦している模様。

ある日、百合が検査に行くと子宮がんであることが発覚する。そのため、同席してもらうために妹に連絡を入れるが、ぎっくり腰のため行けないと断られる。

代わりに同行してもらう人を身内で探すが、妹の旦那や甥には頼めず、みくりもつわりで身動きが取れない為に誰にも頼めない様子だった・・・

その後みくりは平匡と百合の事でかわりに同行できる人がいないかを話し合うが、それでも適任者は見つからずの様子だった・・・

後日、百合は結局同級生の花村と産婦人科に行き、帰り際に花村から先日「高校時代好きだったんだよね」と言われたことについて話をする。そして、花村は女性と交際していることを打ち明ける。

後日、みくりはつわりが終わったようで、食事がとれるようになったため仕事も再開できるようになり、みくりの部署では産休に対して理解が得られる様子だったが、

平匡の職場では、灰原から育児休暇について反発を受ける。しかしながら、会社からは当然ながら許可を得られているので、灰原をスルーして休暇取得をしようとする。

後日、百合は入院することとなり、みくりが手伝いに来ていた。百合はみくりとハグを交わすと、まるで母親のようにみくりのお腹にいる子供に挨拶をしていた。

後日、みくりは平匡と平匡の両親と神社に行き、安産祈願をしていた。そして、平匡は父親と家庭についての話をしていた。

平匡の父親は、昔ながらの考え方で「一家の大黒柱として家庭を支えろ」と言う亭主関白的なことを勧めるが、平匡は「夫婦で支え合っていく」という自分の考え方を伝える。

後日、平正は会社で育児休暇を取得するために、かわりの人員として平匡の元同僚の沼田と日野が代理として参加することに。

そして、沼田が機転を利かせたことによって、灰原は育児休暇に関する偏見や不満を言いづらくなり、平匡は安心して育児休暇を取得できるようになったはずだが、思ったようにプロジェクトが進まないようでヤキモキさせられていた。

そのうえ、家事分担の為に買い物などでテンパる平匡と、家事ができないみくりがギクシャクしてしまう。

結局のところ、部屋の掃除ができないまま年末年始を迎えてしまい、後日百合がやってきて手伝いをしてくれて、人に話をして共感してもらう事は良いと励まされる。

加えて、みくりは周囲の同僚や友人たちに話をすることで気分を図ることができていたが、平匡はそれができていないことにも気づくのだった。

後日、みくりは平匡の家事の負担を減らそうと考えて、家政婦を雇って部屋の掃除をしていたため、平匡が帰宅すると部屋がきれいになっていいた。これまで言いたいことをなかなか言えずにため込んでいた平匡は、積もる思いがあったためか泣き出してしまった。

 

時は流れて、2020年2月3日になると、みくりは今にも出産しそうな状態にあったため、平匡は急いでタクシーを呼んで病院に向かう。

名前については、平匡より「森山と津崎だから川に関係した名前が」良いのでは?という案が出て、それに対してみくりは「河(コウ)」という名前はどうかと提案する。

その後、無事みくりは女の子を出産して、名前は「亜江(あこう)」に決定したのだった。

 

スポンサーリンク

平匡は、育児のために暫くの間育休休暇を取ってみくりと役割分担しながら支え合っていたが、そんなときに灰原から着信があり、社員が休んでしまって仕事が回らない為に穴埋めをしてもらえないかとのこと。

平匡とみくりは育児に専念するあまりに、世間では新型コロナウィルスのパンデミックによって大騒ぎになっていたことを知らずにいたのだった・・・

当然ながら?!百合の勤務先でもコロナウィルスの影響を受けていた。そこでみくりは赤ん坊にも影響があるのかについて検索をしていた。平匡も、帰宅後はすぐに入浴と選択を済ませるようにしていた。

そして、コロナウィルスが世界的に蔓延しているというニュースを観たみくりは、亜江の事でかなりナーバスになってしまう・・・

平匡の職場では、灰原が備蓄していた消毒液やマスクを職場に提供し、リモートワークの切り替えを手伝うようにと平匡に頼み込む。

そして、灰原は社長が反対したとしてもなんとか説得するという強い意思表示に対して、平匡も頼もしく感じていたようで引き受ける事にした。

一方、みくりは亜江とともに千葉に住む両親の元で過ごすことにした。

 

その後、みくりと亜江は千葉の実家に帰省して、平匡は育休を返上して業務を手伝う事になったため、お互い離れ離れの生活を強いられることになった。

困っていたのはみくりと平匡だけではなく、百合や沼田たちも現状を嘆く様子だった。

平匡はネットで検索をしていると、SNSでは不適切な書き込みを多く見かけたために、うんざりしていたようだったが、亜江の写真を見ると希望を取り戻した様子だった。

 

ある日、みくりが亜江の写真をコンビニでスキャンしてプリントアウトするという、手間をかけたことをしたにも関わらず、平匡に「写真を送るのはもういいです」という塩対応気味の対応を取られてしまった。

平匡は人生の先輩である母親に相談をするが、急に親になることなんてできなかったという、栃男のときの経験談を聞かされる。

そんな折、不要不急の外出は禁止だったため、平匡はパソコンの代替機とWi-Fi機器を配達員的なニュアンスで届ける為にみくりの実家に向かう。

そして、平匡が無事届け終わった後にみくりが家に戻ると、平匡がパソコンの代替機を置いてきたこと気づき、みくりは電話しながら追いかけるが、感染リスクを踏まえて遠くからお互いの名前を呼び合うのが精いっぱいだった様子・・・

 

ある日、オンラインで沼田会が開かれた。メンバーは百合、風見、日野、みくり、平匡、やっさん、梅原。そして、沼田は誰かの気分を害する発言をした場合は罰金を課すというルールを設けて仕切る。

その罰金は、今後の沼田会の資金として用いられることとなった。そして、趣旨は「辛いことを言って行こう」というものだった。

 

百合は風見が新しい彼女と別れたと伝え、「頑張ることができなかった、怠け者だったのかな?」という発言に対して、どうやらツボに入ったようでバカ受けしていた。そして、みくりは思った。優しくなって生きて行けたら良いなと。

 

 

その後、コロナの状況が落ち着き、みくりと亜江と平匡は再会する。平匡が亜江を抱きかかえて「パパです」というと、泣き出してしまう。みくりの「嫌われているわけではなく、眠いのではないか?」というフォローに対して「もう焦らない」と落ち着いた様子。

もっと楽しめばよかったと、近くにいるんだからと、優しい雰囲気でふたりはハグするのだった。

 

スポンサーリンク

 

【逃げ恥スペシャル】感想

 

今回のスペシャル版では、色んな問題をぶっこんできて問題提起をしているようにも感じました。

  • 同性愛について
  • 共働き、家事、育児についての役割分担
  • 灰原の女性軽視な発言
  • SNS上での問題発言
  • コロナウィルスのパンデミックに伴う新しい生活様式

まさにタイムリーな感じがして、なおかつみんなが思っていることや感じていることを代弁してくれているかのような内容にも感じられました。

平匡は相変わらず塩対応だったところがあるので、相手がみくりみたいな人でホントによかったな~という感じも(苦笑)

また、沼田が今回はいい感じでいいコトを言っていたので、前作でのやな奴っぽい感じの汚名を挽回していてよかったなという感じもしました。

そして、灰原!今どき引っかかることを言い過ぎでヒヤヒヤさせられましたが、結構ああいう人はいますよね(苦笑)悪気はないんだろうけどw

風見と百合が分かれた原因についてはぼかされていた感じはしたものの、特に関係が悪化したようでもないし、ほのぼのとした感じだったので、結果オーライといったところですかね?

エンディングテーマの映像も新しくリニューアルされていて、それもまた良かったです^^

 

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!