【知ってるワイフ】再放送と最終回迄の見逃し配信動画を無料視聴する方法を解説!

2021年1月7日より、ドラマ「知ってるワイフ」がスタートしました。銀行員の元春は結婚したものの、家庭をおろそかにしたため、自業自得とはいえ、鬼嫁に悩まされる夫婦生活を送る羽目になりました。

しかし、ひょんなことからタイムスリップをして別の女性との結婚生活を送って人生をやり直すといったストーリーです。

新たな人生を送ることで幸せなはずだった元春が、別の時間軸では妻だった澪がキャリアウーマンとして元春の前に現れたことで、元春の心に変化が訪れるのかが見どころのような気がします。

この記事では、ドラマ「知ってるワイフ」の見逃し配信動画を無料視聴する方法を無料視聴する方法を解説していきます。

 

 

ドラマ「知ってるワイフ」の再放送について

 

ドラマ「知ってるワイフ」の再放送に関する情報は、特に公にはなっていないようですが、番組放送終了後にTverにて1週間限定で見逃し配信動画の視聴ができます。

ですが、一週間という限られた期間のみという点と、過去のストーリーを合わせて一気見することができませんので、そういった問題を解決するには、下記にて解説していく動画配信サービスをご利用になることを強くおススメいたします!

 

 

 

【知ってるワイフ】見逃し配信動画を無料視聴する方法と、配信中の動画配信サービスを解説

 

ドラマ「知ってるワイフ」は、フジテレビ系列のドラマになるので、取り扱いのある動画配信サービスはFODプレミアムとなります。

以下、FODプレミアムのサービス内容について、解説を進めていきます。

 

 

FODプレミアムについて

 

 

無料期間 2週間
月額料金 976円(税込)
追加料金
  • 見放題作品の場合は無し
  • 対象の作品は有料
配信作品数 独占タイトル作品が5,000ほど
(2020年7月時点)

 

フジテレビ系列の動画配信サービスで、ドラマ、アニメ、映画、海外ドラマのみならず、漫画や雑誌も読むことができます。

料金は月額976円(税込み)で、amazonアカウントをご利用いただき、amazon payにて支払い登録いただいた場合にキャンペーンが適用となり、初回2週間はお試し期間ということで無料で視聴することができます!

詳しくは、別の記事にてご案内をしていますので、そちらをご覧ください^^

【FODプレミアム】料金支払日、支払い方法、請求日【FODプレミアム】料金体系や支払方法、請求日をまとめて解説! 【FODプレミアム】登録方法、無料期間から解約までの流れと注意点を解説! 【フジテレビFOD】見逃し配信の無料期間はいつまで?【フジテレビFOD】見逃し配信の無料期間はいつまで?

 

 

 

FODプレミアムでは、2021年の新作ドラマが観られる!

 

FODプレミアムでは、「知ってるワイフ」以外にも以下の新作ドラマを配信予定ですが、ドラマの放送がスタートしていない作品については、未配信となります。また、最新話の配信についても、放送終了後の配信開始となりますのでご注意ください。

 

  • 監察医 朝顔
  • 青のSP
  • その女、ジルバ

 

 

 

 

【知ってるワイフ】感想

 

 

1話感想

 

1話の感想はコチラから

20代女性

このドラマは元春が澪に怒鳴られていたのが印象的です。子供の迎えを忘れていて連絡もつかないのは、澪もイライラするのが共感できました。

そんな中元春は同僚に愚痴をこぼしていたのがリアルです。誰かに聞いてほしいのが伝わってきました。

また元春と澪の出会いがバスだったのが意外です。澪の忘れた財布を元春が、全力で追って渡したのがやさしさを感じます。さらに元春は江川と一緒になったら幸せなのかなと、考えていたのが印象的です。

 

 

 

学生時代のあのかわいい姿の澪を知ってしまっている為に今の澪は鬼嫁にしか見えないですね。幼い子供の世話をしつつパートもしてるから色々ストレスも溜まるのだろうけど。

確かに夫の元春がもう少ししっかりしてくれたらと言うのも分かるんですけどね。
きっと元春も家に帰るの辛いんじゃないかな。

だから元春のもしあの時バスに忘れた澪の財布を届けなければ人生変わっていたと言う気持ちもよく分かる。もし財布の件がなければ元春はきっと沙也佳と結婚していたんでしょうね。

40代男性

 

 

40代男性

主人公の元春がどうにも頼りなく感じてしまいました。結婚は失敗だったと思うのは彼の原因によるところが大きいでしょう。

このドラマの見所である妻の澪と出会った日の特定の時間だけタイムリープするのは新鮮です。短い時間の中でも現在に戻ったときには少し変化が起きている。

それが元春の望む生活を手に入れられるのかはまだ分かりませんが、彼自身がどう変わっていくのかが見所となるでしょう。

もっとコミカルなストーリーだと思っていましたが、かなりきつい描写の日常となりました。過去を変えた事でストーリーがどうなっていくのか注目したいです。

 

 

 

不仲の夫婦の物語ということは理解しながらドラマを見始めましたがどう考えても主人の元春が可哀想だなと感じました。

妻の澪に罵られて物を投げられてという仕打ちは厳しすぎました。ドラマを見ながら元春が別れたくなるのは当たり前だなと思いました。

そんな元春が過去に戻って人生を変えるということは理解しましたがそうすると澪との間に生まれた子どもはいなくなるんだよなと考えてしまいました。どちらにせよ元春の決断が次回楽しみです。

40代男性

 

 

 

美男美女の2人はどんな夫婦生活が待っているのかと、期待していました。しかし広瀬アリスさんの母の姿、妻の姿は自身を見ているようで、なんだかゾッとしました。

あんなふうに罵声をあびせ、ストレスをため、夫に当たり散らす様子を客観的にみることはないので、言葉にならない気持ちでした。

そんな時に昔の彼女に会って人生をやり直せるならそうしたくなる。と改めて夫婦関係を考えさせられました。2人がどうなって行くのか期待して見たいです

30代女性

 

 

 

50代女性

結婚前は、優しくていつも笑顔だった妻が、結婚して子供が出来、家事、仕事、育児を全て妻が任されたら、それは、毎日笑顔になる暇も無いと思います。

妻は、節約の為に生きたい女子会にもいかず、頑張っている中、夫は、お小遣いのへそくりで、ゲームなんて、考えられません。

妻が機嫌が悪いと思ったら、まず自分の行動を振り返って見てほしいものです。過去に自分を好きだった人とやり直し、本当にそれが幸せなのか、考えさせられるドラマです。主役の広瀬アリスさんの笑顔や、しっかりした性格、素晴らしい仕事ぶりは、最高で良い女だと思います。

 

 

 

私は実際には結婚していないですが、結婚して今回のドラマのようになる場合もあると考えると恐ろしくなりました。

冴えない夫と家事育児やアルバイトなどに追われる妻。正直に妻が夫に対してあそこまでの苛立ちを持つのもおかしくはないと思いました。

それに夫も少し鈍感なところがまた面白かったです。妻も夫もお互いのことを思いやれない少しのすれ違いから引き起こしてしまう家庭崩壊がこれからどうなるのかと思いましたが、夫がこれから過去に遡ることで人生を変える事によりこれからの妻との関わり方がとても楽しみです。

20代男性

 

 

 

40代男性

大倉忠義さん演じる剣崎元春は、仕事もイマイチだし、育児や家事にも非協力的で深夜にゲームをしてしまうダメダメ人間で、見ていて少しイラつきました。

広瀬アリスさん演じる妻の澪がキレるのもわかります。でも、元春が買ったゲーム機を風呂場でシャワーをかけて水浸しにしてしまうシーンは少し恐怖を覚えました。

その後の言い争いのシーンも広瀬アリスさんの表情が怖くて、圧倒されました。もう少しコミカルなドラマなのかなと想像していただけに、結構シリアスに描かれていたので驚きました。過去を変えるチャンスを得た元春がどんな判断をするのか楽しみです。

 

 

 

夫婦の絶妙な距離感を描いていて、考えさせられました。喧嘩もリアルで、どちらの気持ちもわかるなと歯痒くなりました。

子供が出来ると子供中心になるかとは思いますが、その中でもきちんと向き合う時間を持つことが必要なのだと思いました。

何気なく発した一言も積もれば信頼関係が揺らいでいくのだと感じ、思いやりを忘れてはいけないと思いました。

夫は過去に戻っていましたが、これから色んなことが変わってしまうのでないかと不安になりました。

1番良いと思って出した結果だとは思いますが、本当にそれでいいのか!?と言いたくなりました。2話は未来が変わっていたので、どのような生活を送っていくのか楽しみです!

20代女性

 

 

40代女性

予告を見ていてコメディーよりのドラマなのかと思ってましたが、とにかく主人公元春の奥さんが怖くて、笑えるシーンなんてほぼありませんでした。

この結婚は間違えだったと思う元春に同感でした。普通は奥さんの気持ちに同感することが多いをですけど。

私も正直澪には少し恐怖を感じてしまいました。広瀬アリスさんの演技力素晴らしかったです。私の広瀬アリスさんのイメージとは真逆の役どころでしたから。

元春がもう少ししっかりしていたら、澪もあんな奥さんじゃなかったかもと思うと、なんだか少し複雑な気持ちになる第1話でした。

 

 

 

 

2話感想

 

 

第2話の感想はコチラから

 

40代男性

2010年にさかのぼった元春は敢えて澪と接点を持たずにそのまま人生を過ごしたらまさか職場が同じになるとは。

澪は本店から希望しての異動との事でしたけどやっぱりお母さんの件があったからなんでしょうね。この時はとても鬼嫁になるようには見えないから不思議。

元春は沙也佳と結婚しているからもちろん澪との間に出来た子供は存在しない訳で。そこだけは元春も辛い部分ですよねロッカーで泣いていたけど。元春も沙也佳と結婚しても奥さんの実家が西急グループの社長だからだいぶ気を使っている感はありますよね。

 

 

 

コインを使って過去にタイムスリップができるシーンは、とても羨ましくて、自分も同じように過去に戻ることが出来たらいいのになと思いました。

また、過去を変えたことによって、現在も変わっていて、本当にタイムスリップするとこんな風に変わっていくのかなと思いました。

また、元春の人生が変わったことで、周りの人の人生まで変わっていて、人と人との関わりで毎日を送っているんだなと感じることも出来ました。

そして元春が、本当に自分のことしか考えてないなあと言う感じで、こんな人が旦那さんだと色々と苦労するだろうなと感じました。

20代女性

 

 

 

40代男性

過去に戻って妻の澪と別れれたことに喜んでいた元春でしたが子ども達との別れに気づいたことにショックを受けていたのが印象的でした。

ただ子ども達との別れより澪と別れることが大きかったんだなという気持ちが元春から伝わってきました。

まああれだけ無茶苦茶言われていたら元春の気持ちもわからなくはないかなと理解は出来ました。ただ銀行に澪が現れたことで感じたのがやはり運命というのは変えれないのかなとも思い今後の二人の関係が楽しみになりました。

 

 

 

 

元春がタイムスリップして妻を入れ替えてしまいました。自分の生活がうまくいかないのを妻のせいにするし、子供がいなくなったことに気づくのが後からというのも、まったくもって身勝手だと思います。

周りも多少変わっているのは、人生は自分1人で決められるものではなくて、周りとの影響を及ぼし合うことで決まって行くのだなと思いました。

同僚になって現れた澪がなんだか生き生きしてみえました。つくづく人生は選択で、選ばなかったほうの人生ってどんなだったんだろう、とふと考えていたてしまいました。

40代男性

 

 

 

30代女性

タイムスリップして、本当に奥さんが入れ替わり驚きました。優しい奥さんとの夫婦生活のニヤニヤ感も素晴らしく、こんなに変わるものだんだと。しかし、何故職場にみおが来たのか。

謎ですが、仕事ぶりや、明るく天真爛漫な姿を見て、これから本当のみおなのではないか。と感じさせられました。また、好きな飲み物を当ててしまう場面では、流石。とほっこりした気持ちになりました。彼は今のままのが幸せなのか、今後の気持ちの移り変わりに注目です

 

 

 

10年前にタイムスリップした元春(大倉忠義)は、目論み通り澪(広瀬アリス)と会うことを避け、沙也佳(瀧本美織)と結婚します。そのまま2020年に戻り、新しい生活を満喫しようと思っていた矢先、澪が元春の支店に異動して来ます。

定番の展開に、視聴者としては安心します。しかも澪の銀行での仕事振りはとても優秀で、質の悪い客の対応も素晴らしい。しかも、笑顔がサイコーです。あの笑顔に会えるなら、この銀行に預金したいです。その笑顔を見る度に、元春は結婚前の澪を少しずつ思い出します。逃した魚は大きいってヤツですね。

40代男性

 

 

 

40代女性

過去に戻っていろんな危機を回避していく元春が爽快でした。理想の結婚をして人生が一見良い方に変わっていたけれど虚しさも感じました。

澪と接点を持たずに過ごそうとずっと気にかけていても近づいてしまう運命で、また避けていた分同僚や周りの人々も人生が犠牲になっていたり変わっていて怖いなぁと思いました。

当たり前だけど子供の存在が消えていたのは私もショックでいたたまれませんでした。この先どんな運命になっていくのかが読めなくて楽しみです。

 

 

 

沙也佳が妻になり幸せな生活に喜ぶ元春が可愛かったです。でも澪と結婚していないことで子どもたちがいなくなってしまい寂しい気持ちになりました。

同僚の津山の運命も変えてしまったことも可哀想だなと思いました。同じ職場に澪が来る展開は驚きましたが、生き生きとした澪がとても魅力的でした。

あれが本当の澪の姿だと思うと、元春が澪を変えてしまったのかなと思いました。そして津山が澪を気に入っているようだったので、澪に接近するのか、その時元春はどうするのか楽しみです。

20代女性

 

 

 

30代女性

第2話ではついに主人公が学生時代に戻って、人生をやり直そうとします。その中で、現在の妻とは、バス内での忘れ物を交番に届けたことがきっかけとなって、出会っていたことが明らかとなり、2人はとても運命的な出会いをしていたのだなあと思いました。

過去に戻って、憧れだった美女との結婚をした主人公ですが、職場に現在の妻が働いているという現実とは異なった結末になってしまいます。どんなに過去が変わっても2人は巡り会う運命であったのかなあと感じられる瞬間でした。

 

 

 

二話では、元春が過去に戻って過去を変えたことで、妻が代わり、元春は幸せそうに見える。でも、澪が夕日を見ている姿を見て、元春が笑うシーンがあり、そっちの方が元春の笑顔が幸せそうに見えた。

澪は、過去が変わったことで結婚しておらず、健気に仕事を頑張っていて、こっちの澪が本当の澪だと思った。

こっちの方が澪も幸せなのではないかと思ったけれど、元春が澪を変えてしまったということに気付いて、過去をやり直せば、澪と子どもとの幸せな家族の生活が戻ってくるのではないかと思うので、気づいて欲しい。

20代女性

 

 

 

 

第3話感想

 

第3話の感想はコチラから

 

20代女性

澪がなぜ結婚後に変わってしまったのか元春が徐々に気づき、自分のせいかもしれないと思い始めたのでこの先の展開も気になります。

また、出会うべき人はどのような形だとしても出会うものだというシーンが印象的で、このドラマ内のみならず、現実に生きている私たちにも言えることではないかとゾクゾクしました。

後半では澪の母と再会する場面があり、元春のことを知っているようであったので、それが何故なのか、認知症も関係しているのか、次回は見逃せないと感じました。

 

 

 

もはや他人事ではない気がしますね。よくある仕事すれば自分の役目が終わったと思っているダメ旦那のパターンですが、それをタイムスリップで過去をやり直し別の形で妻と出会う事で自分の悪いところを見つめ直していく。

ちゃんと自分が悪かったと気づく事で彼女を悪いように変えてしまったのは自分だと一つ一つ考える様は私自身に照らし合わせて見てしまいます。人と人は鏡だと思ってますが、まさにその通り。自分の行いは返ってきますよね。そういう見方もできて面白いです!

30代男性

 

 

 

 

30代女性

澪が奥さんでなくなってからの方が、色々と澪のことを知ることが出来ているなんて皮肉だな~と思いました。もっと一緒にいる時から、澪の事をちゃんと見てあげて欲しかったなと思いました。

鼻をつまんでSOSを知らせるポーズがあったのですが、変顔をしていても広瀬アリスさんはユーモアがあって可愛いなと思いました。

ピンチの時にいつも助けてくれる元春は澪にとって、頼りになる存在になっているんだろうなと思います。前の世界でも、もっと澪の笑顔がたくさん見たかったです。

 

 

 

沙也佳との生活に何となく息苦しさを感じているように見える元春。澪との生活とは違った意味で居場所がないように思えます。

同じ職場ですからどうしても澪に目が行ってしまい彼女の事ばかり考えているのは元春にとっては罪の意識が大きいのでしょう。

彼女の笑顔を自分が奪ってしまった。その事に気が付いたわけですが、どうする事もできません。表向きは距離をとりたくても心の中では葛藤しているように見えました。

ストーリーそのものは重くも軽くもなく元春の複雑な心境を描いていました。澪と過ごした時間はとても貴重なものだったと理解できた事は彼にとって大きな転機でしょう。

40代男性

 

 

 

30代男性

元春が過去を変えたことにより、澪ではなく、沙也佳と一緒に生活をすることになり、一見、幸せそうに感じられました。

しかし、過去を変えても、元春は、澪のことをすっかりと忘れている訳では無いように感じられました。今後、何らかの影響で澪とやり直すのか疑問に感じました。

自分としては、以前の妻である澪とやり直してほしいと思いました。夫婦で口論になってしまった原因を考えて、仲良くやっていってほしいと思いました。

 

 

 

澪と離れることが出来たのに如実に親密な関係になっていく元春というのが印象的な回でした。困っている澪を見捨てれない元春の良心というのが2人を近づけました。

それを見てやはりこの2人は運命の赤い糸で結ばれているということなのかなと感じました。そして徐々に元春が幸せな筈の沙也佳との結婚に少しずつ亀裂が入り始めているのも気になりました。

人間、どんな状況でも不満というのは出てくるようになっているんだなと感じるリアルなシーンでした。

40代男性

 

 

 

40代女性

知ってるワイフはもともとは韓国のドラマで前評判もありましたし、関ジャニの大倉忠義さんが主演なので楽しみやすいと思っていて、広瀬アリスさんの演技がおもしろいので毎週楽しみにしています。

過去にさかのぼって恋愛など運命をかえていくというところが面白いし、主人公だけが知っているのでそれを変えることに罪の意識や本当にこれをしてしまっていいのかなどのとまどいの気持ちとかが少し切なさを感じたりもします。澪さんと元春さんがどうなるのか展開が読めないので楽しみです。

 

 

 

広瀬アリスさんの変顔がめちゃくちゃ印象に残りました。変顔なのに可愛いとか一体どうなっているんだ?と戸惑う気持ちと共に広瀬アリスさんに対する好きの思いを噛み締めていました。

そして、松下洸平さんのかっこよさに胸が高鳴って興奮を抑えるのが大変でした。彼を目の前にして食事をとれる自身は少なくとも私にはないなと思いました。

あの優しい声に耳までもが幸せの境地に達してこの上ないほど満たされました。一方、大倉忠義さんの表情にまんまと引き込まれてしまいました。はにかんでいるのも険しい表情も美しくて見とれてしまいました。

20代女性

 

 

 

50代女性

元春が過去を変えても澪との縁は深いようです。謎の男に繋がりのあった人達は変わらず必ず引き合い目の前に現れると言われました。

それにより元春は澪の望んでいた笑顔のある暮らしから変化していった背景は自分の責任もあるのではないかと気づき始めました。人生を変えないとそこに気づかなかったことはちょっと残念ですが自分の身の回りを振り返るきっかけになりました。

認知症を患う母親と上手い具合に生活している澪がとても凄いと思います。母親役の片平なぎささんの演技も素晴らしいです。

 

 

 

最初は澪と違う人と結ばれるために元春は過去に戻ったはずですが、過去に戻っても澪のことが気になる様子や元春だけでなく妹のなぎさと澪も偶然出会い、やっぱり二人は運命で結ばれた関係なのではないかなと感じました。

小池の「いくら人生を変えても付き合う人間は変わらない」という台詞からもそう感じました。また、澪の母の病気を夫である元春が知らなかったことに驚きましたし、このことも澪の気持ちが離れた原因の大きな要因なのではないでしょうか。

20代女性

 

 

 

第4話感想

 

 

第4話の感想はコチラから

 

 

50代男性

元春(大倉忠義さん)のダメ夫役、必死に演じているのだろなあと•••、ちょっと気の毒になります。でも、あれだけイライラさせる夫役を演じている事に、魂を感じます。

そして、私自身どうなのだろ?と、考えさせられます。また、広瀬アリスさん演じる澪の演技力には、めちゃめちゃ惚れ惚れします。凄い才能が開花した•••と、言う感じですね。

笑顔の高校生姿には、圧倒されましたこ。また、片平なぎささんの演技力は、さすがベテランですね。素晴らしいです。今後のストーリー展開が、とても楽しみです。

 

 

 

澪の記憶の中に元春との日々が思い出しつつある状況と、元春も澪が鬼嫁になったのを自身の責任と考えているという光景には再び結び付く気がしていますが、

元春は沙也佳の家系は好きではないものの豊かな生活がやめられないように見える所に思考のイヤらしさが感じられ、先ず澪の優しさ溢れた思考を鬼のように変えて、今度は沙也佳の人格を鬼へと導いているように思えるので元春自身が周りに不幸の種を撒いている気がしてなりませんでした。

澪の母親の久恵は元春の全て覚えていた事に驚きましたが同じようにタイムスリップしている気がして、ただ、久恵は認知症だけにタイムスリップ自体は忘れているように思えました。

30代男性

 

 

 

50代男性

今回の第4話では、元春の、澪の母親が自分が消したはずの過去を知っていることに動揺する姿や、親友の津山が開始した澪への強力なアプローチに対して激しい嫌悪感を憶えてしまう様子を通して、

今も残る澪への思いや、過去を切り捨てたことに対する後悔の念、更に自分が抱えたそうした秘密がいつか暴露されるのではないかという不安といった複雑な感情が、独特のどこかセンチメンタルなテイストに包まれた演出と共に丁寧に描き出されており、大変見応えのあるファンタジー/ヒューマンストーリーに仕上がっていたと思います。

 

 

 

 

過去に戻って結婚相手を変えた事はなんだったのか。元春のグダグダした様子を見ているとそう感じてしまいます。そもそも仕事に追われ澪ときちんとコミュニケーションをとっていなかった事が、お互いの不和につながったわけです。

同僚として澪と話していると以下に自分がダメだったのかを思い知らされています。現在の沙也佳との生活もどうにもしっくりこないようで、元春が周囲の空気が読めない性格なのだと分かります。

ただここから更に破綻してしまうのは彼の自業自得だとしても可哀想です。伏線が分かってきましたが、元春だけではなく周囲の人物も納得する形でストーリーが進んで欲しいものです。

40代男性

 

 

 

 

30代女性

元春が澪に対して気になっているところがすごくもやもやしつつも、ドキドキさせられる展開でした。津山さんが好きになってしまったことで余計に澪のことを取られる不安がふくれているのがよくわかります。過去を変えても今までの記憶も残っているのはちょっとやっかいですね。

澪はずっとひとりでお母さんの認知症のことなどを抱えていたかと思うと切なくて仕方ありません。また、澪も以前の元春の記憶がなんとなく感じられるのもありえない設定とは思いつつ、ドキドキします。今の奥さんとの関係がどうなるかも気になりますね。

 

 

 

 

ドラマ「知ってるワイフ」第4話を観た感想として、澪の母親である久恵が、元春が、「肉じゃがが好きなこと、電気の取り替え、シャワーを直したこと」について覚えていたシーンがあり、びっくりしました。

澪のお母さんは、元春が過去を変えたことを気づいているのではないかと感じられました。久恵の認知症と関係があるのかは、疑問に感じました。澪が元春の手を頭に置いていたシーンがあり、元春と澪が、再度、夫婦になってやり直してほしいと思いました。

30代男性

 

 

 

 

50代女性

やっと元春が自分のせいで澪があのように怒り散らしていたことがわかりました。仕事も上手くいかず澪のことを気にかけることがなかったようです。

過去を変えた現代になって初めて母親が認知症になっていたこと育児に翻弄していたこと、自分の辛さを悲しい映画を観て誤魔化していたことを知りました。とても悲しい気持ちになりました。

この現代で同僚の津山が澪にアプローチをかけていますが上手くいくのは嫌なようです。過去に戻りたいと思っているのか今の生活は維持しながらも津山とはそのような関係になって欲しくないのか今後の展開が楽しみです。

 

 

 

中盤にて津山さんが口説き落とそうとしていましたがまだまだ時期尚早というかたいして順序を踏んでいないしまるで流れに身を任せているかのようでやや短絡的な行為にも見受けられました。

もう少しよく周りを注視してから動きだした方が賢明だったようにも思えました。中には状況に応じて行動する人間もいたりはたまた突発的にその時の感情であっという間に動き出す人間もいるので正解はないんでしょうが今回は少し様子をみてもいいような気がしました。

30代男性

 

 

 

40代男性

澪(広瀬アリス)の母親久恵(片平なぎさ)が自分の事を知っている事に戸惑う元春(大倉忠義)は、銀行の同僚である津山(松下洸平)が澪にアタックするという事を聞き、いい顔をしません。

また、妹なぎさ(川栄李奈)も津山に紹介したい人がいると言い、その話の最中に津山と澪が店に来ます。仲間でワイワイしている最中にも元春は、過去の澪を思い出します。

その後、銀行で泊りがけの研修があり、そこに澪と津山が参加します。気になって仕方がない元春は、宿泊先に行き二人だけにしないようにします。そして津山が席を離れた時、お酒が入り机で眠る澪の頭にそっと手を置いてしまいます。ここからどうなるか。

 

 

 

知ってるワイフ第4話では、元春の同僚である津山千春が元春の元妻である澪に好意を寄せ、行動を起こし始めるというストーリーでした。人生を変えようと思ったのは元春自身なのに、澪がとられそうになると複雑な気持ちになっていることが切なかったです。

好きなゲームをしていても、週末に義両親と一緒にゴルフをしていても、澪のことが気になる元春の姿を見て、もともとは元春も澪のことが大好きだったと伝わってきました。

澪も、元春が現れると表情が明るくなる気がして、環境や関係性が変わってもお互いに惹かれ合うものなんだと思いました。最後は衝撃的な展開で終わったし、澪の母親と謎の男小池の関係性も気になるし、第5話も楽しみです!

20代女性

 

 

 

 

 

第5話感想

 

第5話の感想はコチラから

 

50代女性

人生をやり直すという大きな決断をして嫁の取り換えをしたというのに、元の嫁のことが気になって仕方が無いなんて情けないと思う。

それにしてもなんでボケた元嫁の母親には元の婿としての認識があるのかが不思議。
せっかく新しいお金持ちの嫁を手に入れたのだから、元の嫁で失敗したことを参考にして今の嫁の方を真剣に向いていれば元の嫁の新しい恋に応援こそすれ気になって仕方が無いなんて情けない。

挙句の果てに、元の嫁との思い出が懐かしくてやっぱり昔に戻ろうとコインを使う。
ほんとダメ男だな~と思ってしまった。

 

 

 

今回の回で、元奥さんへの気持ちが蘇ってしまい、今の奥さんへの愛情は全くなくなったんだなと思いました。主人公はないものねだりというかなんというか・・・

自分で望んで人生やり直したのに結局また後悔しているので、女の私から見たらろくでもない男だなと感じました。

今の奥さんと主人公の友達は主人公に振り回されてかわいそうです。もし、またやり直すことができたとしても幸せになれるのかと疑問です。でも、今の奥さんの嫉妬心の強さや怖さが見えてしまったので元の奥さんと元通りになってほしいなと思いました。

30代女性

 

 

 

20代女性

今回は澪の母親が、元春の職場に来たのが驚きました。母親にとってまだ元春は婿だと思っているのがリアルです。元春も焦りながら必死に対応していたのが良かったです。

また澪は津山に付き合うと返事したのが可愛かったです。津山もすごく嬉しそうだったのが素敵です。でも元春はどこか複雑な思いになったのが、切なかったです。

さらに津山が澪にキスをしているところを、元春が目撃したのはとても儚かったです。胸がキュッとなりました。

 

 

 

第5話では澪に嫉妬する沙也佳というのが1番印象に残りました。澪がもてはやされることが納得いかず必死になる沙也佳を見てこんな女性っているよなと思い出してしまいました。

自分に自信があるからどんどん前のめりになる沙也佳は嫌われる女の典型だなと冷ややかな目で見ていました。そんな沙也佳と結婚しといたら良かったと思っていた元春が徐々に後悔してきているのを見て人生って複雑に出来ているのが伝わってきて面白い場面でした。

40代女性

 

 

 

40代男性

主人公の男が過去に行く事で自身の考え方のせいで、妻を傷つけてしまって反省していたのが良く分かる回だったのかなと思いました。

そして過去に戻っている生活ではもう1つの家庭があって、そこで一緒にいる妻からは元妻の関係性が疑われてしまうと言う展開が印象に残りました。

そして話が面白いなと感じたのは、元妻の母親が主人公の男の存在を知っているのか認知症の振りをしているのかれどちらかまだ分かりませんが、これからの話をより面白い展開にさせてくれるキーマンなのかなと見ていて凄く感じました。

 

 

 

なぎささんの澪さんに対して恋愛についてのアドバイスをしているところはとても温かみがあり、正解はないんだよといたってごく当たり前の助言にもかかわらずすごく意味のある場面にも思えたのと個人的には今回の好きな場面の一つに感じられました。

銀行が留守な状態になってからの若干の目まぐるしいとも感じられるような人間模様にはドラマ中盤らしい起伏らしきものがあってこれからどういった方向性に導かれていくのか楽しみになってきました。

30代男性

 

 

 

40代女性

津山と澪が交際する事になり、仲間との間でキスの話しが出た時、元春は澪との初めてのキスを思い出します。

そのシーンは、浪人中の澪の勉強を見ている元春に、体調が悪いと言って勉強をやめ、バイトをする澪に偶然会った時でした。そのシーンがとてもキュンと来る内容で、恥ずかしながら私も思い出してしまいました。

その後、失ったものの大きさに気づいた元春は、再度タイムスリップしようと生瀬勝久演じる謎の男に会いますが、自分で決めた事だから覚悟を持てと言われます。

とてもグサッときました。やり直したい等と思うより、覚悟を持ってこれからを生きなければ、と改めて思い知らされました。

 

 

 

5話を見て感じたのは、夫婦での会話や時間を共有することは大切だと思いました。新たな人生を歩みだすことで気付く事ができた澪さんの気持ちは、共感することがたくさんありました。

出産してから一人で子育てする大変さも、話を聞いてほしい気持ちも、泣きたくなることもとても共感しました。しかし、お互いが歩み寄るべきだったと思います。

夫婦になると、なんで気持ちをわかってくれないの?と思いがちですが、やはり他人なので、気持ちをしっかり伝えて気持ちを受け止める思いやりがあってこそ仲良くいられるのかなと改めて感じました。

過去を簡単に変えてしまったのは自業自得ですが澪さんとまた幸せになってほしいなと思いました。

20代女性

 

 

 

40代女性

先週までは、それでも剣崎は沙也佳との結婚生活を選ぶと思っていました。しかし、タイムスリップしてやり直した世界での澪に触れ合ううちに、以前の自分の身勝手さに気づきます。あの時は…。

あれはそうゆうことだったのか…などなど。結婚前の澪は元春のことが大好きで、いつも笑顔だったと自分の手を離れ、同僚と付き合い始めたら、泣きながら元の世界に戻りたいと思う。

どこまでも身勝手で、情けない男でしょう。そんな元春に感情移入し、私はこのドラマに夢中です。

 

 

 

 

 

第6話感想

 

 

第6話感想はコチラ

 

20代女性

今回は澪の母親がいなくなったのが驚きました。澪も必死に探して疲れきっていたのがリアルです。そこに元春が来て、一緒に探してあげていたのはやさしさを感じます。なんとか母親が見つかったのはホッとしました。

また江川は元春のことを疑って、車のドライブレコーダーなど探っていたのは怖かったです。元春はちゃんと事実を話して説明していたけど、受け入れられないのは切なかったです。江川の中でなにか崩れたような感じがしました。

 

 

 

 

元春自身が今の生活を望んだのだから後悔してもそれは自業自得です。小池に諭されてようやく目が覚めたように感じましたが、人は簡単には変わらないのがドラマとはいえ妙にリアルです。

澪に幸せになって欲しいと言う気持ちは伝わってきます。ですが沙也佳をもっと大事にすべきでしょう。そして肝心な事は嘘をつかない事。澪と険悪になったのもそれが原因だったと言えます。どうしてもその場でいい格好をしたがるのが元春の悪い部分です。

その結果大切なものを傷つけてしまうのは見ていてイライラするところでした。小池の「愚かだなー」と言うセリフは見ている人の気持ちを代弁していますね。

40代男性

 

 

 

30代男性

元春は、澪の父親の命日に法事に行けなかったことを後悔していて、その経験を活かした、津山にアドバイスできた点はとても良かったと思いました。

元春が、津山と澪が良い関係になっていく手助けをすることができたと考えられました。元春は、沙也佳との仲が良い結婚生活にしていこうとしていた。

だが、最後の場面にて元春の携帯に澪のお母さんからの電話とドライブレコーダーで澪と一緒にいたことがわかり激怒していた。沙也佳をほったらかしていたので、元春が本当に沙也佳を愛しているのか疑問に感じてしまいました。

 

 

 

元春が澪のことを諦めて沙也佳を幸せにしようと考えたのに結局は澪のために行動しているのが印象的でした。

まあ流石に澪の母親が行方不明の状況では元春もほっとけないよなとは感じました。そしてその状況も沙也佳にバレてしまい結局、元春の結婚生活というのは破たんに向かう運命なんだろうなと察しました。

何が起こっても元春と澪は結ばれてしまうという結末に向かっているんだろうなと今回推測しました。ただ津山が可哀想すぎるのが気になっています。

40代男性

 

 

 

40代女性

知ってるワイフはもともとは韓国のドラマで前評判もありましたし、関ジャニの大倉忠義さんが主演なので楽しみやすいと思っていて、広瀬アリスさんの演技がおもしろいので毎週楽しみにしています。

過去にさかのぼって恋愛など運命をかえていくというところが面白いし、主人公だけが知っているのでそれを変えることに罪の意識や本当にこれをしてしまっていいのかなどのとまどいの気持ちとかが少し切なさを感じたりもします。

今回は澪さんのお母さんが認知症で徘徊しているのがもし自分が澪さんならどうなってしまうのだろうと思いましてつらかったです。澪さんと元春さんがどうなるのか展開が読めないので楽しみです。

 

 

 

澪が辛そうにしている姿を放って置けない基治は優しいけど、自分の旦那が他の女性にそんなことをしていたら許せないと思いました。私もさやかのように旦那のことを疑ってしまうのではないかと思います。

認知者になっている澪のお母さんはお茶目でかわいいし、旦那に会うために1日中バスに乗っているなんて恋する乙女だと思いました。しかし、勝手に人のスマホを使って電話するのは良くないと思います。そして自分の都合が悪くなると勝手に切ってしまうところも自由だと思いました。

20代女性

 

 

 

 

30代男性

さやかを大切にすると心に決めたかのように思ったものの、やはり残念な旦那っぷりを発揮した元春。予想通りです。

本人はいたって真剣に、さやかの事を大切にしながら行動しているつもりなのでしょうが、言動のほとんどが「澪を大切にしよう」とするものになっている印象でした。過去改変前も後も、自分のつらい気持ちや置かれた状況を、全て言い訳にしてしまう癖は健在です。

そりゃ澪もさやかも、視聴者まで含めて、ほとんどの女性は怒るだろうと、ある意味で感心すらしました。見事なモンスター製造機です。改変後、かなり親切な元春を、明らかに意識している澪が、コンビニ前で何を囁いたのかがとても気になります。

 

 

 

元春と澪がコンビニへ向かっている時に、付き合っていたころを思い出し「もっと優しくすればよかった、あの頃に戻りたい。」と澪に伝えている姿を見て、自分も今周りにいる人を大切にしなきゃいけないなと感じました。またとても切なかったです。

沙也加の行動もリアリティがありました。元春の行動を確認するためにドライブレコーダーを確認したり、元春の会社の掲示板に書き込みをしてしまうシーンは、すこしゾッとしました。

結婚生活が長いと、お互いの思いやりをつい忘れてしまいがちですが、このドラマは、そんな気持ちを改めてくれます。

30代女性

 

 

 

 

30代女性

自身が望んだ現状から澪に対する後悔が止まらない元春ですが、澪の幸せを願い、現状を受け止めることを決めた姿に澪への愛情の強さを感じました。

澪の幸せを願いつつも澪にしてやれなかったことを現状のまま行動してしまうことで二人の関係性が強くなり、澪も元春に対する思いが恋愛感情へと変わってきていることに気づき始めているようでした。

しかし、現妻・沙也佳が二人の関係性を怪しみ澪の幸せのために行動したしわ寄せが沙也佳に訪れている様子に、安易にタイムスリップをした元春の自分勝手さに怒りさえ感じさせました。

今後元春に訪れる人生の決断によってどう人生が変化していくのか次回への期待がますます高まりました。

 

 

 

今回は個人的にはいらいらしてしまった回でした。元春が沙也佳との円満な夫婦生活を築こうとしていた矢先に澪のお母さん失踪事件。

そして疲れ果てて道端にしゃがみ込んでしまっている澪に出会ってしまう元春。沙耶佳がかわいそうに思ってしまいました。

澪のお母さんが無事に見つかった後も急いで帰ろうとしない元春。思わず「いいから早く帰ってやれよ」とモニターに向かって言ってしまいました。

そしてお母さんのおちゃめないたずら電話・・その後沙耶佳ナビやドラレコを調べるのは当然だと思ってしまいました。

30代男性

 

 

 

 

第7話感想

 

第7話の感想はコチラ

 

50代男性

沙也佳がネットに投稿して元春と沙也佳の破局の予感がした。しかも澪は告訴すると言ったので、いよいよ危機的だった。

まして元春が、もし沙也佳を疑っていると言えば、もう破局は決定的だ。元春に選択を変えれば上手く行くと思ったのかと古池が言ったのは元春の軽薄さを非難しているようだ。

一方、澪の頭痛の薬を元春が知っていたかのように持って来たので、澪は、やはり元春は自分の秘密を知る運命の人だと感じたようだ。だから書き込みのアドレスが、沙也佳と判っても澪は元春に、告訴をやめたと言うのは、元春への思いやりだと思った。

それなのに元春が沙也佳に家を追いだされ、澪が自分のせいだと沙也佳に弁解しても許して貰えるのか微妙だ。

 

 

 

記憶が無くなるほど酔って帰宅したあと、裏掲示板を調べてこと細かな情報をスラスラ書き込めるものなんだなと、お酒が弱くて記憶を無くしたことがない私には、色々と不思議な感覚でした。

自分のことが文字で中傷される分には笑って流せても、関係者の画像を載せることはルール違反だと、激しい怒りを見せた澪の対応はもっともで、

投稿が削除されれば全てがなかったことに出来ると、自分の保身しか考えていないように見える沙也佳も、元春と結婚していなければ、モンスター化していない未来だったのかな。

40代女性

 

 

 

20代女性

まさかの展開にびっくりしました。嫉妬は人を悪い方に変えてしまうこともある恐ろしいなと思いました。SNSでのやりとりでのトラブルが多いからこそ、気をつけなければなと思いました。

後悔しても遅いということを今回は深く描かれていた気がします。一緒にいる上で価値観の違いがあるのはかなり大きな問題だなと思います。

価値観の違いをうまく寄り添えたらいいのにと思いながら見ていました。澪との距離も縮まったのにまた離れてしまってどうなってしまうのかドキドキです。

 

 

 

元春が自分の手で変えた人生ではあるけど、今日はどうして沙也佳を選んだのと腹が立ってしまいました。

嘘をついたのは良くないかもしれませんが、その元春の嘘は沙也佳に余計な心配をかけないようについた嘘で、それは優しさからだったのに、確かめもせずに怒りに任せて澪の悪口を書き込むなんて最低だと思いました。

そんな沙也佳を見た後に、調査会社からの報告を元春に濁して伝える澪の姿を見てしまったら、澪の優しさを余計に深く感じました。元春はこれ以上沙也佳といるべきではないと心から思いました。

40代女性

 

 

 

30代男性

7話は、モンスター化したさやかにイライラが止まらないストーリーでした。裏サイトへの嘘投稿で、自分だけスッキリして銀行全体に迷惑をかける。

命に別状はないとは言え、夫の母親の手術がエステ以下。とんでもない価値観に育つ家庭環境なんだなと驚きました。

いくら元春が”モンスター製造機”でも、澪のモンスター化は他人に迷惑をかけるようなことは絶対なかったし、元春だけにイライラしていた6話までとはガラッと印象が変わりました。

今回に限っては、ちょっと同情してしまいました。澪の母親の記憶の謎、6話のコンビニ前で囁いた澪の言葉など、触れられていないことが残っているので、まだまだ楽しめそうです。

 

 

色んなボタンの掛け違いからどんどん悪い方向になっているのは間違い無いです。特に家族の問題とか価値観というのは致命的な話で、ここが全く合わずお互いの親を大事にできないのはもう夫婦として無理ですね。

確かに沙也佳の父の大事なパーティーは相当大事だと思います。しかし元春の母だって、目がちゃんと見えるかどうかの不安な手術ですからこちらも人生に関わるとても大きな事ですね。

それを分かり合えないのは辛い。しかしまずは元春が沙也佳の事を聞いてあげるべきでした。

30代男性

 

 

 

50代男性

人生をやり直すつもりだったのに、紗也佳と一緒になってもうまくいきませんでした。お嬢様にはそれなりに悩みがあるので、価値観の違いから激突してしまいます。

紗也佳の誹謗中傷の書き込みは女性ならではの嫉妬によるもので、大人げない行為でした。女性をモンスターにしてしまっているのは、元春に原因があると思います。

誰と出会っても同じ結果になってしまう恐れがあります。澪と紗也佳は、まったく違うタイプですが好む人が同じだったのが共通しています。

 

 

 

沙也佳が酔った勢いで元春のパソコンを開いて、実名を利用してネット掲示板に澪への誹謗中傷が書かれていたことは、大変さを感じました。

掲示板での誹謗中傷は、多くの人に迷惑をかける行為でもあり、あってはならないことだと感じました。銀行で一時騒ぎになったものの、ネット掲示板への誹謗中傷が削除されたことはとても良かったと思いました。

元春は沙也佳の仕業ではないのかとどこかで気づいていたように感じました。ドラマを観ていて、元春と沙也佳の夫婦関係が良くいくようには思えませんでした。

30代男性

 

 

 

30代男性

沙也佳さんの気持ちが分からないでもないし男性側の思いというかああいった行動になってしまうのもなんとなく理解できるしある意味でちょっと難しい時期にさしかかっている、そんな関係性にみえてきてやや心配になりえる流れに思えましたが、

わざわざ家を出てしまったり話自体をあそこまでおおげさにしなくてももう少し寄り添うなり向かい合うなりして違うプロセスにて試みるチャンスはあったようにもみえたので少し歯がゆい印象もありました。

 

 

人生をやり直すつもりの元春のダメな行動が原因で妻の沙也佳が感情的に澪のイメージダウンを書き込んだとなっているのは理解できましたが、

バレると考えた時の慌てぶりにさすがの沙也佳も反省すると思ったのに父親のパーティー優先と圧を掛ける態度に素早く変わり、元春の母親の病室に行くとわかっているのにドレスと着飾った姿で現れてお見舞いの言葉1つないまま、

すぐに帰りますと言えてしまう思考にはビックリ、澪の行動が際立って良く見えてしまう理想のお嫁さんになるなと感じました。

ただ、元春が沙也佳に怒鳴った言葉に自分の思い通りという部分は、人生をやり直した元春自身が一番思っている事だよねと言いたくなりました。

30代男性

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!