Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【スマホを落としただけなのに2】囚われの殺人鬼Mとは?ネタバレ感想まとめ!

2020年2月21日に、映画「スマホを落とした
だけなのに」の続編である、
「囚われの殺人鬼」が劇場公開されます。

前作の犯人・浦野を逮捕した刑事の
加賀谷学が主人公となり、

その加賀谷の恋人・松田が
犯人のターゲットとなる模様。

前作のメインキャスト陣も
再登場するので、そのあたりも
楽しみなところ!

また、前作に続いて
監督は「リング」シリーズで
有名な中田秀夫氏なので、

怖い場面の描写はお手のもの
というか、豪華なキャスト陣とは
裏腹に過激な作風であることが
期待されます。

この記事では、
映画「スマホを落としただけなのに2」
について、

  • 小説版あらすじを含むネタバレ
  • 映画版あらすじを含むネタバレ
  • 感想
  • キャスト

をまとめていきたいと
思います!

 

スポンサーリンク

 

「スマホを落としただけなのに2 囚われの殺人鬼」小説版あらすじを含むネタバレ


 

映画公開前に小説版が出ていたので、
ここでは小説版のあらすじを含む
ネタバレをまとめていきたいと
思います!

ちなみに、小説版の主人公の刑事は
桐野良一といい、映画版での加賀谷
学に当たる人物です。

※ここからは、「スマホを落としただけ
なのに 囚われの殺人鬼」のネタバレを
記載しています。

小説版と映画版とでは、若干の違いは
あると予想されますが、

大筋は近い内容だと思われるので、
ストーリーを知りたくない方は
ご注意ください。

 

新たな事件が起こる

 

神奈川県警のサイバー犯罪対策課の
刑事である桐野良一(映画版:加賀谷学)は、

上司である刑務部長・牧田に
よってとある人物が使っていた
PCのハードディスクを調査中です。

桐野は、警察になる前はIT企業での
就業経験があったため、そのスキルを
評価されて現在の所属になりました。

桐野が調査していたPCの持ち主は、
あの連続〇〇犯の裏の善治のものと
判明。

そして、浦野という名前は偽名で
本名は浦井光治ということも
明らかになっています。

浦野は逮捕された後の取り調べでは、
意外なことに割と素直に自白して
いましたが、

最後に発見された被害者の長谷川祥子
については語ろうとしません。

他の方法で調べてはみるものの、
それらしい関係性が見えなかったため、
桐野は浦野を尋問することに。

しかし、浦野が桐野と対面すると
「僕とあなたは似ている」と、
どこか桐野のことを知っている様子
だった・・・

そんななか、今度は男性二人の
遺体が発見されます。

そのうちの一人は長谷川祥子と
交際してた吉見大輔と判明した
ものの、

もう一人は特定できずに
いました。

浦野は桐野に対して長谷川祥子の
〇〇について、

「記録がないのは僕がやっていない
からで、犯人はMという人物」と
証言します。

そんな浦野の証言の信ぴょう性の
高さを証明するかのように、

吉見大輔のPCからMとの繋がりが
見えてきました。

桐野は、Mの人物特定を急ぎます・・・

 

 

桐野の恋人・美乃里

 

桐野が捜査に精を出す一方で、
彼の恋人・美乃里は誕生日も
すっぽかされるほどで、

自分が本当に必要とされて
いるのかを不安に感じていました。

元々、桐野と美乃里は同じ
セキュリティ会社の同僚で、

現在も社長秘書として
勤務しています。

因みに、その社長と桐野の
プログラマーとしてのスキルは
同じくらいの凄腕だったとか。

 

仮想通貨の流出事件

美乃里はあるビットマネーの
取り扱いがある会社から
ネット警備の強化のためにと、

社長の望岡と共に依頼を受けて
呼ばれていました。

この会社では、仮想通貨の流出事件が
あったため、なんと580億ものの
被害額があったとか。

加えて、サイバー犯罪として
警察もマークしている事件でも
ありました。

しかし、この事件には続きがあって、
JK16と名乗ったホワイトハッカーに
よって盗まれた仮想通貨の現金化を
ストップされられていたのです。

このことによって、ビットマネーを
現金化することに四苦八苦させられた
Mが動き出すことが予想されました。

 

 

 

謎の男の目的とは?

 

一方、美乃里の動きを監視している
謎の男が現れます。

謎の男は、スマホに入っている情報から、
美乃里のルックス、職場、友人関係、
趣味など、そして恋人が桐野であること
まで把握していました。

それに加えて、仮想通貨の事件や
ホワイトハッカー・JK16についても
やたらと調べまわっている様子。

そんな折、警察あてに犯行を記した
メールが届きます。

文面には、

「JK16を〇〇して丹沢山中に
捨てた。可哀そうだから早く見つけて
やってほしい」

と書かれています。

メールに書かれた通り、指定の場所で
女性の遺体が発見されて、

身元確認によってJK16であることが
判明します。

その後警察は、Mの事を知っていると
思われる浦野に対して協力を求めます。

協力したとはいえ、極刑を逃れることは
できないため、浦野にとってなんの
メリットもないことでしたが、

桐野が誰にも告白していない秘密を
自分に教えることを交換条件として
協力することに。

 

 

桐野の誰にも言えない秘密とは?

桐野がネットセキュリティ会社から
全く異業種の警察に転職した
本当の理由は、

父親が警察官で、殉職した理由を
知るためだったのです。

警視庁に所属していた父親の
死因は、家族でさえも秘密に
されていました。

桐野は、警察署内のPCをハッキング
して情報を得ようとしていました。

実は、桐野はハッキングのスキルも
かなりの腕前だったのです。

そんな誰にも話さなかった秘密を
浦野の協力を得るという交換条件
として告白しました。

 

 

M特定の為、動き出す

桐野の告白を受けて、さっそく
浦野が動き始めます。

まず、ダークウェブという
特設サイト的なところに、

「警察官の浦野という人物が
Mの重要な秘密を掴んだ」

と書き込みます。

その後、Mも脅威に感じたのか、
桐野に対して「身を引くように
しないと恋人を山に埋める」と、

脅しのメールを美乃里のスマホに
送信します。

このことで、美乃里のスマホは
遠隔操作ができるコンピュータ
ウィルスに感染していることが
わかりました。

そこで予想されるMの次の手は、
桐野のデバイスを乗っ取って
美乃里をおびき出すというもの。

そこで、浦野が美乃里にしらばっくれた
振りをさせてMと接触をさせるという
作戦を打診します。

美乃里は桐野から話を聞いて、
作戦に協力することに。

まず閲覧者を特定させるために
桐野と美乃里はブログを
毎日更新させます。

そのなかで、よく訪問してくる
閲覧者のIPアドレスを特定する
ことができました。

特定されたIPアドレスの持ち主は
以下 3名であることが特定されます。

  • ビットマネー者の副社長・久保田
  • セキュリティ会社社長・森岡
  • 宮園直樹という謎の人物

しかし、宮園直樹というのは、
実在する人物ではなく仮名で
あることが判明したので、

この人物がMに近い存在だと
予想されます。

Mによるハッキング被害

一方、警視庁のホームページが
Mによって乗っ取られてしまい、

「3日以内にお前達の家族や恋人など
大切な人を〇〇する」

という脅迫文が表示されていて、
そのページをを開いただけで、

ウィルス感染してしまうという、
劣悪なものでした。

それを解除するには5万円
支払うようにというおまけも。

加えて、神奈川県内の信号機も
ハッキングされてしまい、

あらゆるところで交通渋滞が
発生してしまい、大パニックに。

そんな折、美乃里のスマホに
桐野の母親から

「退院するのだけど、具合が悪く
なったため迎えに来てほしい」

というメールが届きます。

その後美乃里は桐野に連宅を入れて
母親を迎えに行くことに。

桐野の母親から指定された駅に
美乃里が到着すると、

具合が悪くなった桐野の母親を
車の中で休ませているという
親切を装った男が声をかけてきます。

美乃里は男に従って車に乗ると、
母親はおらず、外国人男性が
いて、そのまま高速へと突っ走ります。

Mを追うことでバタバタしていた
栗野に浦野から美乃里が危険な状態に
あると連絡が入ります。

桐野は急いで後を追うことに。

 

パーキングエリアにて

同時期に、美乃里を載せた車を
追いかけるもう一人の姿が。

とあるパーキングエリアにて
GPSが止まったままの状態。

桐野は混雑している駐車場で
愕然としていましたが、

その駐車場の隅っこにある
ワゴン車からクラクションが
鳴り響くのを耳にします。

桐野はその車に走り寄っていくと、
美乃里が外国人に取り押さえられて
いました。

桐野は銃を構えて「警察だ」
と言いますが、射撃の腕に
自身がない様子。

外国人男性は、美乃里の喉元に
ナイフを突きつけていたため、
銃を撃つのをためらいます。

そんなとき、

「神奈川県警の桐野良一だな?」

とある男性の声が聞こえてきて、
振り向くと、浦野が手に入れた
Mの顔写真と似た男が立っていました。

桐野は撃たれると警戒しましたが、
撃たれたのは桐野に襲い掛かってくる
犯人グループのメンバーでした。

しかし、その弾みで桐野は脇腹を
ナイフで刺されてしまいます。

 

 

 

Mだと思われた男の正体は?

その後、桐野は病院のベッドで
目を覚ますと、美乃里とMだと
思われていた男の姿がありました。

その男は

「警視庁公安部、兼サイバー
攻撃対策センターの兵頭彰だ」

と名乗り、

実は桐野が密かに行っていた警視庁の
ハッキングについて調査していて、

そのために桐野や美乃里をマークしていた
ことが判明します。

ちなみに、宮園直樹の正体が
兵頭だったことも明らかに。

Mの正体が判明!

そして、Mの本当の正体が
兵頭との情報交換によって
発覚します。

実は、セキュリティ会社の
社長である森岡がMだったのです!

そして

  • 仮想通貨の流出事件
  • JK16の〇〇

は全て森岡が仕組んだこと
だったのです・・・

加えて、「愛していたんだ」
と当初は美乃里のことだと
桐野は思っていたが、

実は桐野の事を愛するがゆえに
美乃里のことを巻き込んだ
ことを話します。

 

 

 

何と浦野が逃走!

これらの騒動の最中、なんと
浦野が脱獄していたことが発覚。

しかし、国外逃亡はセキュリティの
厳しさから不可能で再逮捕は
秒読み段階だと思われて
いたのですが・・・

そんな折、桐野のスマホに着信があり、
電話に出るとなんと浦野本人から
でした。場所はなんと海外から。

そして、Mが逮捕されたことを
知っていた様子。

また、吉見大輔は長谷川祥子を
〇〇したMではなく、

丹沢に男性の遺体を1体だけ
埋めたことを告白します。

また、身元不明の男性こそが
初代のMであることも。

実は、浦野はMの正体に近づいて
いたため、Mに狙われるように
なり、逆に反撃して〇〇した事も
明らかになります。

そして、そのMこそが浦井光治という
名前であることも。

またしても浦野は偽名を使って
周りを騙していたのです・・・

 

スポンサーリンク

 

 

スマホを落としただけなのに2 囚われの殺人鬼」映画版と小説版の違い

キャラクターの統一

小説版では、作品によって
登場人物が異なっていましたが、

今作は、前作の続編としての
ストーリーなので、
キャラクターが一部異なります。

小説版 映画版
桐野良一 加賀谷学
浦井光治 浦野善治

もしかすると、前作の時点で
続編である本作を、

加賀谷を本作の主人公とした
物語にするといった、

制作側の意向もあったの
かもしれません。

また、映画版では前作と同じ世界観や
登場人物も統一させることで、

小説版のようにごちゃごちゃせずに
わかりやすくて良かったのでは
ないかと。

本作でMを突き止めるために
浦野に協力を要請するわけですが、

全く関係なかった人物が
急に出てきて絡んでいくよりも、

前作で絡みのあった加賀谷と
浦野が再び絡んだほうが、

前作の事件を彷彿とさせる
場面もあるので、

加賀谷と浦野の関係に
深みを持たせる意味でも、

小説版と設定を変えて
正解だったのではないかと。

浦野の脱走経緯について

浦野が脱走したとき、原作版では
信号などのインフラをまとめている
システムが乗ったられたことによって、

警察が混乱の中対処にどまどって
しまい、そのスキを突いて
逃亡したわけですが、

映画版では監守の弱みを握り、
そのスキをついて〇〇した
挙句に、

警察官の制服を盗み、
警視庁サーバー上にある
自分の顔写真のデータを改ざん
するなどして、逃亡しました。

ですから、逃亡するまでの
経緯もしっかりと描かれていましたし、

やっぱり浦野が悪者だったんだ!
ということを作品を観た人に
うまく伝えられたのではないかと。

 

美乃里誘拐の経緯

 

原作版では、美乃里はMに雇われた
外国人グループによって拉致された
という設定でした。

しかも、加賀谷の祖母からの
メールを頼りに退院の手伝いを
するために、

駅に向かった時に誘拐されるという
ことで、スマホを乗っ取られていたにも
かかわらず、

メールの情報のみを信じて行動した
という点が危なっかしいと感じた
わけです。

映画版では、職場で待機していたときに、
何者かによって拉致されるという
内容に変わっていました。

しかも、外国人ではなく日本人で元ゴロツキ
という設定で、役者さんには申し訳
ないですが、

本当にチンピラという感じで、
文章だけではわかりづらい
雰囲気がうまく伝わっている
という感じでしたし、

職場=安全な場所が犯人の関係者に
拉致される場所となったときの
絶望感みたいなものも感じられました。

 

Mの存在感

真のラスボスは浦野であることには
間違いないものの、

映画版と比べるとMの存在感が
あんまりなかったように感じるのは
気のせいでしょうか?

インパクト的にももうちょっとあっても
良かったような気はしますが、

映画版では浦野の描写を強くした
ような感じがしました。

 

「スマホを落としただけなのに2 囚われの殺人鬼」感想

 

前作を含むこの作品で、浦野を演じた
成田凌さんは、より人気が上がりそうな
気がしました。

主役の千葉雄大さんもそうなんですが、
「キモイ系キャラ」という新たな
ジャンルを開拓した功績はでかいと
思ったわけです(笑)

バットマンシリーズで言うジョーカーの
ようなインパクトがあって、

しかもどこか頭のねじが外れているような
キャラは演技力が求められると思うので。

また、劇中ではスマホを落としては
いないのですが、

加賀谷と美乃里の出会いのきっかけを
ラストで描いていたのですが、

その場面で美乃里がバスに落とした
スマホを加賀谷が拾って追いかけて
いくというシーンだったわけです。

だけど、あのシーンはどうもこじつけ
っぽく感じてしまったのは僕だけでしょうか?

あの場面は原作になかったところだと
思っていますが・・・

 

スポンサーリンク

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!