Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【2019最新】コスパの良いサウンドバーおすすめ10選!VODの音質改善に!

最近では、スマートテレビや
デバイスの普及によって、

VOD(動画配信サービス)を
自宅のテレビで視聴して、

ホームシアターとして
動画を楽しめるように
なりました。

そのホームシアターを楽しむ
ためには、

当然ながら高画質・高音質で
あることが前提
だったりします。

各VODサービスにもそれぞれ
独自の基準が設けられていて、

設定によって高画質・高音質を
楽しめなくもないですが、

より迫力ある画質・音質で
楽しむには、専用の機器が
必要になると思います。

まず、画質については
別の記事で取り上げていますので、

この記事ではVODサービスを
より高音質で楽しむための
機器として、

近年普及してきている
サラウンドスピーカーの
一種である、

サウンドバーについて
ご紹介していきたいと思います!

 

サラウンドスピーカーとは?

まずサラウンドとは、英語で
surroundと表記しまして、
「囲む」を意味します。

つまり、サラウンドスピーカーとは、
視聴者の周りにスピーカーを
配置させたものであり、

音で取り囲むことで
それぞれの方向からの音声が、

まるでその場にいるような
臨場感を生み出す
ことができる
音響装置なのです!

このサラウンドスピーカーを
設置することで、

自宅のテレビがより高音質となり、
音の鳴り具合が生々しく、

例えばアーティストのライブを
鑑賞したときには、

まるでライブ会場にいるかの
ような臨場感を味わえたり、

映画を鑑賞しているときは、
映画館にいるときのような
雰囲気を体感できるわけです。

 

 

チャンネルについて

ホームシアターのスピーカー構成で
一般的なのは、

  • 2.1ch
  • 5.1ch
  • 7.1ch

の3種類が一般的で数値が
上がるほど、より立体的な
サウンドを体感できます。

ここでは、それぞれのチャンネルに
ついての特徴をご案内します。

2.1ch

音響システムの構成で、
スピーカー2台+サブウーハー
という組み合わせ。

手軽にホームシアターを
楽しんだり、

場所を取らない装備なので、
コンパクトにまとめられるのが
特徴。

 

 

5.1ch

前方左右:4台
センター:1台

にスピーカーを設置し、

フロントスピーカー付近に
1~2台

のサブウーファーを設置。

映画館の音響はこの設定で
行われている模様。

 

7.1ch

5.1chの設置スタイルに加えて、
後方2か所にスピーカーを
加えた型。

 

ホームシアターに適したサラウンドスピーカーの1種、
サウンドバーとは?

引用元 https://www.biccamera.com/

まず、従来型のホームシアターでは、
複数のスピーカーを設置することが
一般的でしたが、

近年では棒状のサウンドバーという、
従来型のような複数のスピーカーを
設置するといった、

「サラウンド」の状態を
場所を取らずに疑似的に体感
することができる
機材が
普及してきています。

また、このサウンドバーが
普及してきた背景には、

薄型テレビの普及に伴い、
内蔵されるスピーカーの
設置に必要な容積が
小さくなってしまい、

近年でフルHDや4Kのような、
より高画質な映像化が
進んでいるため、

テレビの音声が貧弱に
感じられてしまうという
欠点を補うため

より高音質なサウンドで
映像を楽しむために
利用されることが多くなった

という状況が一般化してきた
ことにあります。

このサウンドバーには、
以下2つのタイプが存在します。

そのふたつのタイプについて、
表にしてご紹介します。

※スマホでご覧頂いている方は、
表をスクロールしながら
ご覧頂くことができます。

サウンドバーの種類 特徴
ワンボディ型
(バースピーカー)
棒状のスピーカーを1本の
ケーブルでテレビと
接続するだけなので設置が楽。
2ボディ型
(バースピーカー&サブウーハー)
  • ワンボディ型では拾いきれない
    重低音を出すことが可能。
  • サブウーハーには大小サイズと
    無線接続といった点で、
    用途に合わせて選択ができる。

 

 

サウンドバーの特徴

①設置が楽

設置場所は主に薄型テレビの前で、
接続方法もHDMI接続や
Bluetooth接続が一般的なので、

複雑な配線などは不要なことから
手軽に設置することができます。

 

②「サラウンド」効果を疑似体験

アンプが棒状のスピーカーに
内蔵されているため、

複数のスピーカー設置しなくとも
バーチャルサラウンドといった、

疑似的に(仮想的に)音の
サラウンドを実現できる
機能が備わっています。

③ネットワーク機能の充実

サラウンドバーでは、
テレビでの映像作品以外にも、

  • 音楽再生
  • スマホやタブレット
  • パソコン

といったデバイスの音も、

Bluetooth対応型であれば
ワイヤレスで再生させる
事ができます。

また、wi-fiに接続可能な
モデルであれば、

同じネットワーク接続の
機器との連携ができます。

Air Play対応型では、
MacやiOSデバイスから、

音楽、動画、ゲームなどの
音声を再生させることができます。

④コスパに優れている

サウンドバーの価格帯は、
平均すると以下3つの種類に
分類することができるようです。

※スマホでご覧頂いている方は、
下の表をスクロールすることが
できます。

サウンドバーの価格帯 特徴
2万~5万円代
  • ワンボディ型のタイプが主流で、
    最も多く用いられる。
  • 用途はテレビの音質向上に
    用いられる事が
    多い。
5万~10万円代
  • バースピーカーとサブウーハーの
    2ボディ型が主流。
  • テレビ以外の音楽の視聴にも使われる。
  • BlutothやWi-Fiなどのネットワーク
    機能が使える。
  • 4K対応テレビなどの規格に
    対応できるモデルもある。
10万円以上
  • 「ドルビーアトモス(R)」
    「DTS:X(TM)」といった最新の
    音声フォーマットに対応。
  • 3次元の立体音響技術によって、
    全方位からのサラウンドを
    体感することができる。

 

サウンドバーの用途に応じたおすすめメーカー

ここでは映画鑑賞と
音楽鑑賞といった用途に
応じた、

おすすめのメーカーを
表にしてご案内していきます。

※スマホでご覧頂いている方は、
下の表をスクロールすることが
できます。

各メーカーの製品に共通するポイント

各メーカーの製品について、
以下のポイントはほぼ
共通しているようです。

  • 最新の音声フォーマットを搭載
  • 3次元の立体的な音響を創出
  • 話しかけるだけで操作が出来る
    Alexaシステム搭載
    (対応していないメーカー、モデルも有り)
  • Wi-FiやBluetoothに接続して
    音楽やネットラジオの再生が可能

その他、独自の見解で
それぞれのメーカーの製品の
特徴をまとめました。

用途 メーカー 特徴
映画鑑賞

 

 

SONY  

  • フロントスピーカーのみで
    サラウンドや立体音響を実現
  • オリジナル音源を超える
    音質を実現
PIONEER

  • 2.1chシアターシリーズが人気
  • スリム設計のサブウーハーが
    インテリアに馴染むデザイン
YAMAHA
  • セリフヤナレーションの声をシステムが
    自動判断して聴きやすくなる
  • 5種類の音声システムを搭載。
    コンテンツに合わせた最適な
    サウンドを構築。
    (映画、音楽、ゲーム、スポーツ、テレビ番組)
音楽鑑賞

SONY
  • CDを超える音の情報量を実現
  • スマホやウォークマン等の音源が
    ワイヤレスで再生可能
ONKYO  

  • AVレシーバーや従来の
    サウンドシステム型が豊富
  • アナログレコードプレーヤーが接続可
DENON  

  • 圧縮された音源を復元する
    機能がある
  • FM/AMチューナーを搭載
  • 消費電力の節約が可能な
    「エコモード」を搭載
BOSE
  • 部屋の壁の素材などに合わせて
    サウンドを最適化する
  • インテリアに馴染む
    スッキリしたデザイン

 

おすすめサラウンドスピーカー(サウンドバー)10選

ここからは、サラウンドスピーカーの
中でも特におすすめの機種10選を
ご案内していきます!

BOSE Solo 5 TV sound system

引用元 ジェットダイスケ ユーチューブチャンネル

 

SONY HT-X8500


引用元 SONY ユーチューブチャンネル

 

ヤマハ YAS-108

引用元 YAMAHA GLOBAL チャンネル

DENON DHT-S216

 

引用元 DENON ユーチューブチャンネル

ヤマハ YAS-109

 

 

 

ヤマハ YAS-209

 

 

BOSE SOUNDBAR 500

引用元 BOSE ユーチューブチャンネル

SONY HT-Z9F

 

BOSE SOUNDBAR 700

引用元 SEIKIN チャンネル

 

ヤマハ YAS-207

引用元 YAHAMA JAPAN チャンネル

まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です