【天気の子】ネット配信情報まとめ!NETFLIXやhuluでフル動画は観れる?無料視聴方法を解説!

【天気の子】見逃し配信動画を無料視聴する方法を徹底解説!

2016年に公開されて大ヒットを記録した映画「君の名は」の原作者・新海誠監督の新しい作品である、「天気の子」が2019年7月19日に全国公開され、2021年1月3日に地上波で放送予定です。

現在ドラマなどで活躍中の森七菜さんが、声優としてキャスティングされたことも話題になりました。さて、この記事ではそんな「天気の子」について、

 

  • NETFLIXで観られるのか?
  • 見逃し配信動画を無料視聴する方法

 

を解説していきます!

 

 

 

【天気の子】見逃し配信動画を無料視聴する方法!NETFLIXやhuluでは観られる?

 

アニメ映画「天気の子」を配信している動画配信サービスは、以下のラインナップとなります。下の表をご覧頂ければわかりますが、NETFLIXでは2020年12月時点では取り扱いがなく、huluでは課金制のhuluストアにて取り扱いがあります。

そのなかでポイントを使うことで実質無料で視聴できるサービスは、U-NEXTとFODプレミアムとなりますので、個人的にはこのふたつのサービスをおススメします。

それぞれの動画配信サービスについて、無料期間内に解約をすることで料金の発生はありませんが、「天気の子」以外にも多くの作品が視聴できますので、少なくとも2~3か月の間は更新されることをお勧めします。

また、NETFLIXでは配信されていないようでしたので、下記のラインナップから選んで頂くことになります。

※こちらの情報は、2020年12月時点のものです。最新の情報は、各サービスのウェブサイトにてご確認ください。

サービス名 配信の有無 無料期間と
料金(税込)
550ポイントで視聴可
(初回登録時にもらえる
600ポイントを利用可能。)
31日間無料
月額2,189円
U-NEXTで観る
huluストアにて、
550円(税込み)で視聴可
2週間無料
月額1,026円
huluで観る
500コインで視聴可
(毎月貰える1300ポイントを
利用可能)
2週間無料
月額976円
FODで観る
550円(税込み)で視聴可 15日間無料
月額618円
TELASAで観る
標準:440円(税込み)
HD:550円(税込み)
31日間無料
月額550円
dTVで観る
レンタル料金400円で視聴可 30日間無料
月額500円
Amazonプライム
ビデオで観る

 

以下、U-NEXTとFODプレミアムのご案内となります。

 

U-NEXTについて

 

 

無料期間 31日間
月額料金 2189円(税込)
追加料金
  • 見放題作品の場合は無し
  • 対象の作品は有料
配信作品数 21万本を配信、内19万本が見放題
(2020年7月時点)

 

 

日本国内のメジャーな動画配信サービスといえば、「U-NEXT」と名前が挙げられますが、知名度や動画配信数の豊富さ(2020年7月時点で21万本を配信中)からも裏付けられると言えるでしょう。

また、動画配信のみならず、(有料ですが)電子書籍の取り扱いもあり、原作漫画も読む事ができます。

これは、FOD PREMIUMを除く他の動画配信サービスにはない特徴なので、アニメと共に原作を読んでみたいという方にはおすすめなサービスです!

月額料金が1990円と他のサービスと比べると高めですが、有料コンテンツに使えるポイントが毎月1200ポイント貰えるので、実質は790円という価値になります。(初月は600ポイント)

また、別の記事でU-NEXTについて解説をしていますので、よろしければお読みください。

【U-NEXT】登録方法や無料トライアル期間~解約までを全解説!【U-NEXT】登録方法や無料トライアル期間~解約までを全解説! U-NEXTの料金体系やポイントの仕組み【U-NEXT】月額料金の仕組みと注意点を解説! U-NEXTポイントの使い方U-NEXTポイントの使い方と、交換可能なサービスをまとめて解説!

※ご案内している内容は、2020年10月時点の情報です。最新の情報はU-NEXTウェブサイトにてご確認ください。

 

 

 

FODプレミアムについて

 

 

無料期間 2週間
月額料金 976円(税込)
追加料金
  • 見放題作品の場合は無し
  • 対象の作品は有料
配信作品数 独占タイトル作品が5,000ほど
(2020年7月時点)

 

フジテレビ系列の動画配信サービスで、ドラマ、アニメ、映画、海外ドラマのみならず、漫画や雑誌も読むことができます。

料金は月額888円(税抜き)で、amazonアカウントをご利用いただき、amazon payにて支払い登録いただいた場合にキャンペーンが適用となり、初回2週間はお試し期間ということで無料で視聴することができます!

また、毎月定期的に100ポイントと、8のつく日に(8、18、28)にそれぞれ400ポイントが貰えるので、実質1300ポイントを貰う事が出来て、漫画や新作動画などの有料作品に使用できます。

詳しくは、別の記事にてご案内をしていますので、そちらをご覧ください^^

【FODプレミアム】料金支払日、支払い方法、請求日【FODプレミアム】料金体系や支払方法、請求日をまとめて解説! 【FODプレミアム】登録方法、無料期間から解約までの流れと注意点を解説! 【フジテレビFOD】見逃し配信の無料期間はいつまで?【フジテレビFOD】見逃し配信の無料期間はいつまで?

 

 

 

 

 

【天気の子】キャスト

森嶋帆高/醍醐虎汰朗

引用元 映画「天気の子」

物語の主人公。離島に住んでいたが、家出をして東京に上京する。しかし、生活は楽ではなく、困難を極めていた。そんな状況の中、ようやく見つけた仕事はオカルト雑誌のライターだった。

不器用な性格が災いしたのか、上京したての頃は、下を向くことが多く、気持ちが沈みがちなところがあったものの、

自身の信念を貫く一面があったり、須賀や夏美に支えられたり、陽菜との出会いによって人間的に成長していく姿に注目したいところでもある。

 

天野陽菜/森七奈

引用元 映画「天気の子」

帆高が出会ったひとりの少女。とある事情によって弟とふたりで暮らしている。また、不思議な能力があって降り続ける雨を止ませることができる。

本当は中学生なのに、自身の年齢を偽って大人でいようとしたのは、母親を亡くしてしまったため、自分が弟の凪を守るためだったことを考えると、健気でもあり強さを感じさせる。

 

須賀圭介/小栗旬

引用元 映画「天気の子」

帆高が勤務する編集プロダクションのライター。実は面倒見がよい一面がある。実は須賀自身も10代の頃に家出をして東京にやってきていたようで、だからこそ帆高に対して親身になっていたのかなと感じさせる。

夏美/本田翼

引用元 映画「天気の子」

須賀の事務所で働いている女子大生。帆高の同僚。帆高をサポートする良き姉のような存在。無邪気で人の心を開かせるのがうまい一面がある。

ラストでは、警察に追われる帆高を助ける為、バイクに乗せて逃走を手伝うという無茶をやらかしてしまうが、そういったところも無邪気な性格の彼女らしさを感じさせる。

 

天野凪/吉柳咲良

引用元 映画「天気の子」

陽菜の弟。小学生ながら大人びたところがあり、同級生の女の子からはモテモテでませている。また、人との距離感をつかむのがうまく、小学生とは思えないところがある。

その一方で、陽菜がいなくなったときに「姉ちゃんを返せ」と怒鳴る場面があったが、そのときは大人びた感じではなく、年齢相応の子供っぽさを感じさせながらも、もどかしさを感じさせるところがあった。

 

 

冨美/倍賞千恵子

引用元 映画「天気の子」

老婦人。実は「君の名は。」の主人公・立花瀧の祖母でもある。

 

 

安井/平泉成

引用元 映画「天気の子」

老刑事。

高井/梶裕貴

引用元 映画「天気の子」

安井の相方。

 

 

 

 

 

 

【天気の子】ネタバレ含むあらすじ

 

引用元 https://www.tenkinoko.com/

 

伊豆諸島にて生活している高校1年生の森嶋帆高は、家出をしてフェリーにて東京に来ていた。ネットカフェに寝泊まりしていたため、ほぼホームレス状態だった。

そんな折、フェリーにて意気投合していた須賀圭介と再会し、彼とその姪である夏美が勤務するオカルト雑誌の編集社にて勤務し始まる。仕事をしているなかで、帆高は「100%の晴れ女」の都市伝説に関心を抱き、調べ始める事になった。

帆高は実在する天野陽菜と出会い、「100%の晴れ女」が実在していたことを確信する。陽菜はお祈りをすることで短時間かつ場所は限定されるものの、「晴れ」の状態を作ることができたのだ。

そこで帆高は陽菜とビジネスをすることを思いつくのだった・・・

 

 

ネタバレ含むあらすじはコチラ

 

離島から家出をしてきた高校1年生の森嶋帆高は、東京行きのフェリーに乗船していました。

ひどく大雨の天候で、荒波が瞬間的にフェリーを大きく傾かせた拍子に帆高は海へ放り出されそうになりますが、たまたま近くにいたフリーライターの須賀圭介に助けられます。

須賀は家出の事情を聞こうしますが、はぐらかす帆高に「困ったら連絡しろ、少年」と名刺を渡して去っていきます。

東京についた帆高はネットカフェで寝泊まりしながらバイトを探すも、簡単には見つかりません。お金がなくなり、ビルの入り口で座り込んでいると、ひょんなことからビルの近くにあるごみ箱からカバンを拾います。

ファストフード店に入り、先ほどのカバンを開けると、そこから拳銃が出てきて慌てて隠します。ただ、偽物だろうと信用せず、注文したスープを飲みながら、そこで一夜を過ごします。入り浸っている帆高の様子を見かねて女性店員が内緒でハンバーガーを恵んでくれます。

生活に困った帆高は須賀を頼り、彼の元で住み込み・飯付きで働かせてもらうことになります。ある日の仕事の帰り、帆高は以前ハンバーガーを恵んでくれた少女が男に絡まれているところに出くわします。

怪しく思った帆高は、その少女を連れて逃げようとします。しかし、追いつかれてしまい、とっさに拾った拳銃を発砲します。一同が驚きで固まっている隙に少女は帆高を連れて廃ビルへと逃げ込みました。

少女の名は天野陽菜といい、バイトをクビになり、お金に困っていることを告げ、そのまま廃ビルの屋上にある祠まで帆高を連れていきます。

陽菜は「ねえ、今から晴れるよ」と告げて願うと、降り続いた雨が止み、太陽の光が差し込んできたのです。須賀の姪の夏美と一緒に取材をしてきた都市伝説の「100%の晴れ女」がまさしく彼女でした。

陽菜は弟と2人暮らしで貧しく、帆高のアイデアで陽菜の晴れ女の能力でお金稼ぎする仕事を始めます。

仕事が忙しくなり、疲れている陽菜を見かねて帆高は休業することに決めます。最後の仕事を終え、家に戻るとアパートに刑事が訪ねてきます。帆高の母親から捜索願が出されていたのです。

拳銃で発砲したことも知られており、その捜査は須賀の事務所や夏美の家にも及んでいました。須賀から促されて帆高は、陽菜と凪を連れて逃げることを決意します。なんとかホテルを見つけて身を隠し、少しの安らぎの時間を得た陽菜は、凪が眠りについた後、帆高に自分の体の異変について告白します。

そして、陽菜は伝説の天気の巫女の話をして自分が人柱になり犠牲になることで東京は本来の気候を取り戻すのだと説明します。

目を覚ますと陽菜の姿はなく、本当に人柱になったのだと帆高は理解しました。警察に居場所を突き止められ、外に出ると東京は数か月ぶりの晴天になっていました。パトカーに乗り込む直前、水の中にプレゼントした指輪を見つけてしまいます。

陽菜が人柱となり、天気を晴れにしたことに刑事は当然耳をかさず、飽きれ口調で陽菜の本当の年齢を伝えます。その事実から自分の情けなさを感じ、陽菜を助けることを決意します。

一瞬の隙をついて逃げる帆高を須賀や夏美が助け、廃ビルの祠までたどり着きます。警官の静止を振りほどき、鳥居をくぐると体が舞い上がり、積乱雲の草原に横たわっていた陽菜を見つけました。

陽菜は、また東京が大雨になってしまうことを心配しますが、帆高はそれよりも陽菜を選び、手を差し出します。そして、彼女を助け出して下界へ帰ってきます。戻った時から東京は再び雨雲に見舞われ、雨が降り始めます。

3年後。帆高は高校卒業まで観察保護処分となり、卒業後に再び東京へ向かいました。あの事件以来、未だに降りやまない雨によって、東京の下町は水没してしまい、変わり果てた景色になっていました。帆高は陽菜の元へ向かい、坂道で再会を果たします。

 

 

 

 

 

【天気の子】見どころとは?5つのポイントを解説!

 

ここからは、映画「天気の子」の見どころについて解説をしていきます。

 

東京の実在する場所を中心に描いている

 

映画「天気の子」の舞台となった、東京・新宿のネットカフェは、実在する「マンボー新宿靖国通り店」だったりします。また、クライマックスの場面で登場した廃ビルは「代々木会館」だったり、陽菜の自宅は「田端駅周辺」の坂道であることがわかります。

 

「マンボー新宿靖国通り店」

 

 

 

 

「代々木会館」

 

 

 

 

 

「田端駅周辺」

 

 

 

 

 

作画がキレイ

 

引用元 「天気の子」製作委員会

 

映画「君の名は。」「秒速5センチメートル」「言の葉の庭」でもそうだったように、新海誠監督作品の売りは、作画がキレイであることでもあります。本作で描写された東京の街のリアルさや映像美に感動した方も多いのではないでしょうか?

また、「君の名は。」で描かれたようなキレイな部分のみならず、雑居ビルや帆高の職場のような薄汚れたある種‟闇”のような部分も描かれているので、よりリアルを感じられると思いますし、「君の名は。」と見比べることで面白さも感じられるのではないでしょうか?

 

 

フレッシュな魅力

 

オーディションによって帆高役の醍醐虎汰朗さんと、陽菜役の森七菜さんが選ばれましたが、当時は知名度が高いとは言えない状態でした。

しかし、制作側の意図としては登場人物と近い年齢の人物をキャスティングさせることで、若いからこそ醸しだせる魅力に賭けてみたかったのではないかと思われます。

実際、多くの方が帆高や陽菜に対して、どこかリアルを感じて共感できたという方も少なくはないと思われます。

新海監督も醍醐虎汰朗さんに対しては、

「帆高は醍醐くんだし、醍醐くんが帆高なのだから」

と声掛けをしていたり、森七菜さんに対しては、

「七菜ちゃんは、とらえどころのない女の子で、天気のような子」「聖なる感じがしますね」

と語っているので、結果的に役柄にあった配役ができて正解だったのかなと。

 

また、森七菜さんは本作をきっかけに知名度もアップしたのか、2020年現在はドラマで主役を演じるなどの活躍を果たしています。

 

 

「君の名は。」のキャラが登場する

 

「君の名は。」に登場したキャラクターも、実は登場していて世界観を共有することができます。登場したキャラクターは、立花瀧、宮水三葉、宮水四葉、勅使河原克彦、名取早耶香の五人です。

では、それぞれどの場面で登場していたのかをまとめていきますね!

 

 

立花 瀧

 

老婦人・冨美の孫として登場。夫の初盆の日の天気を晴れにしてほしいということで、「晴れ女」サービスにて冨美の家に来ていた時に登場。

帆高に対して、陽菜に誕生日のプレゼントを贈るように提案をしていた。「天気の子」での時代設定は2021年ということなので、瀧は21歳になっていると思われる。

 

 

宮水三葉

 

帆高が陽菜にプレゼントをするために指輪を買いに行ったお店の店員として登場。帆高に対して親切な対応をしていた。瀧と三葉は無事再会できたのかどうかが気になるところ。

 

 

 

宮本四葉

 

三葉の妹で高校三年生。陽菜がいなくなった後、雨だった東京に晴れが戻った場面で、

「なんか、涙出るね」

と発言していた。

 

 

勅使河原 克彦、名取早耶香

 

三葉の高校時代の同級生で、帆高と陽菜がサービスを行った時に台場のフリマのシーンにて登場。早耶香と観覧車に乗っているときに、雨天だった天気が晴れになる様子を見て

克彦は、

「すーげぇ」

と感心していて、

早耶香は、

「わー、きれい」

と感心していた。

 

 

きれいごとを描かないストーリー

 

 

引用元 「天気の子」製作委員会

 

「君の名は。」は、感動する物語だったように思いますが、「天気の子」では、主人公の帆高が模範的な‟正しさ”を象徴する存在ではありません。ですから、賛否が分かれる内容であることには違いません。

家出をしてネットカフェでその日暮らしをしていたり、新宿の繁華街(歌舞伎町と思われる場所)にて拳銃を拾ったり、ラストの方では警察に思われる身になったりと、悪い言い方をすると犯罪者の一面もあります。

新海誠監督も、

「世の中の規範から外れてでも、必死に何かに手を伸ばす人を描く作品」

と語っていたので、昨今のようにモラルが問われて何かとやりにくくなった時代に対して、一球投じるような作風になっているとも考えられます。

 

 

 

 

【天気の子】感想

 

 

20代女性

新海誠監督の天気の子、高校1年性の田舎から出てきたほだかが、東京でネットカフェ暮らしをしていたところをライターのけんの元で働くことに。そこで晴れ女ヒナと出会います。

100%の晴れ女で雨の続く東京に晴れをもたらすヒナ。その晴れになる時の映像がすごく綺麗でよかったです。

楽しそうに晴れの仕事をしていたひなとほだかと弟のナギですが、晴れ女には人柱になる運命があることを知ります。ほだかはその時ひなを救うことができるのかドキドキのシーンもありよかったです。何回も見たくなる映画でした。

 

 

 

新海監督の作品は大好きなので映画館で何度も観ました。相変わらず背景の描き込みや描写が素晴らしく、傘の中から聞こえる雨音など細かい所もきちっと作り込まれていてぐっと世界観に引き込まれていきます。ストーリーも明るくてわかりやすいので気軽に観ることができます。

少しセカイ系なのかどんどん話は大きくなっていきますが、結局この話で言える事は陽菜ちゃんが可愛いって事です!可愛い女の子と世界なら可愛い女の子を選んでしまいますよ。ちょっとした青春っぽさとか普段味わえないような体験をしてたり、不思議な能力をめぐって色々起きたりしてますが、まずは気楽に見てみて下さい。

30代男性

 

 

 

20代男性

作りが本当に上手くて上手く伏線を回収していてそれがとても面白かったです。巧みな伏線回収が一番の見応えだと思います。

また、主人公の男の子がすごく可哀想で過去が過去なので人をあまり信用できていないのもかわいそうだなと思いました。

また、ヒロインの女の子は年齢が学生にも関わらず家族のために家族の大黒柱としてしっかり働く姿はかわいそうでした。しかしながら、主人公の男の子と会うことで人生が変わっていく姿は良いなと思いました。

 

 

 

 

風景を魅力的に見せる達人である新海誠監督が、今度は東京都内の新宿をはじめとした町をとても魅力的に描いた作品だと思います。

ストーリーは懐かしのセカイ系であり、キミとボクの物語が世界の危機に直結するストーリーかつ犠牲になるのは女子で、実は主人公の帆高くんはほぼ何も犠牲を払わず、色々な不法行為もお咎めなしという世界観に若干の違和感を感じるところです。

気候変動が世界的なテーマとなった昨今では世界中にも訴求する物語でもあり、実際にアメリカでも高い評価を得ていましたが、実は何も解決しておらず投げっぱなしで終わるところ、ハッピーエンドの匂わせに賛否両論なのではないかなと思います。

40代女性

 

 

 

20代女性

圧倒的な映像美にただただ驚いてばかりいました。一つ一つのシーンが美術館に展示されていても何らおかしくないほど繊細な魅力をたたえていて、映画に携わった人たちの作画への異常なまでのこだわりを感じられて胸が熱くなりました。

この映画を観る前も暇な時はなんとなく空を見上げることはあったけれど、観てからはその回数がぐっと増えました。改めて空という極めてスケールの大きい自然の美しさに気づかされるとともに、とても愛おしく思えるようになりました。新海誠監督の作品はいい意味で影響を与える素晴らしいものばかりだなと思いました。

 

 

 

 

 

 

まず、雨の音と色使いがとても印象に残っています。新海誠さんの映画はどれも音と色使いが素晴らしいです。この映画もその一つです。東京の街をリアルに描いている一方で、水の生き物など現実ではあり得ないものもあります。

水や光などはリアルではなく新海誠さんの映像らしさが反映されています。一番好きなところは、最後のシーンでほだかとひなが両手をつないで空を飛んでいるところです。突然音楽のサビが始まり、鳥肌が立ちました。特に、映画館で見たので迫力があり感動しました。もう一度見たいと思う映画です。

20代女性

 

 

 

30代女性

物語の舞台は東京で、映像はリアルで美しいです。写真のように広がる世界に吸い込まれそうになります。雨が突然上がった時なんて、本当にそんな景色を見たような不思議な気持ちになりました。天気について考えさせられる面白い映画でした。

雨や晴れは人に影響を与えるし、雨乞いやてるてる坊主など不思議と人間は天気に祈りを捧げてます。だからこそこの映画はファンタジーなのに嘘っぽさが無いです。設定のインパクトに負けず物語の方も展開がスピーディで面白かったです。登場人物もそれぞれみんな魅力的で、特に凪くんがとても素敵でした。

 

 

 

僕はRADWIMPSがずっと大好きで映画「天気の子」は絶対に観に行くと決めていました。「天気の子」の上映が映画館で始まりまず僕が1番最初に驚いたのは絵の綺麗さ、美しさです。

登場人物や風景がとても色彩豊かに描かれており1秒たりとも目が離せませんでした。特に、やはり「天気の子」というだけあって空の描写が素晴らしかったです。

そしてなんといってもRADWIMPSの挿入歌が映画の世界観とマッチしていて、映画を観ているのにライブに来ているような不思議な感覚になりました。本当に素晴らしい映画でした。

10代男性

 

 

 

20代男性

映画「天気の子」は「君の名は」で大ヒットし、一世を風靡した新海誠監督の映画。主人公はとある田舎の島から家出してきた少年、森嶋帆高と天気を操ることが出来る少女、天野陽菜である。

物語は異常気象によって長期間、雨が降り続けている東京から始まる。映画が公開時期も丁度、関東圏では雨の日が続いており、映画の世界と現実世界がリンクしているように思えた。

さすがは新海誠が手掛けているだけあって、映像美は凄まじいものであった。公開当初から、新海誠の最新作として期待されていた天気の子。気になって映画を見にいく人も多かったと思う。

 

 

 

 

「君の名は。」で一躍有名になった新海誠監督の新しい作品が、再び(筆者が個人的に昔から大ファンである)RADWIMPS とタッグを組むということで大きな期待を胸に映画館にむかった。

君の名は。に至るまでの作品に関しても言えることだが、やはり1番強く印象に残ったのは自然描写の美しさだ。傘に滴る雨、地面の水溜り、雨が上がり晴れていく空、一つ一つの場面が絵画として額縁に入れたいくらい美しい場面の数々だった。

内容としては、少し重めの印象を受けたが、自然の前では無力な人間、自然の中で生かされている人間のありのままが描かれていたように感じる。RADWIMPSの音楽は、言うまでもなく、良かった!

20代女性

 

 

 

 

 

さいごに

 

新海誠作品だけあって、映像の美しさや、若者の青春を描いた作風にはさすがだなと感じさせられます。

ある意味、森七菜さんにとっては出世作ともなったわけですし、実は本田翼さんや小栗旬さんも声優として参加しているので、見どころもある作品です。

「君の名は。」ではキレイなラブストーリーが描かれていた内容に対して、「天気の子」では、アウトローっぽい描写がありつつもやはり純愛を描いたもでした。

ふたつの作品は、対照的にも感じられるので、それぞれの作品を見比べてみるのも面白いかもしれませんね?!

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!