ウォーキングデッドシーズン10・16話のネタバレと感想

当初は2020年4月に放送予定でしたが、コロナウィルスの影響で編集ができなかったため、16話のみが放送できていない状況でしたが、ようやく10月5日に放送されました。

シーズン9から2シーズンにわたる「囁く者」達との戦いにも、ようやく終止符を打つことになり、

久しぶりにマギーが再登場したり、ユージーン一行がついに無線でやり取りをしていたステファニーと会うことができるのかと思っていたものの、

落ち着く間もなく新たな敵?!のような、スターウォーズのストームトルーパーの様な格好をした集団に襲われてしまうというラストで、

続きは新たに作られた新エピソードの中で語られるのか、それともシーズン11までのお楽しみになるのかが気になるところ。

まずは、この記事ではウォーキングデッドシーズン10・16話のネタバレと感想を取り上げていきたいと思います!

 

 

ウォーキングデッドシーズン10・16話のネタバレ

 

冒頭

 

ゲイブリエルら一行が避難所として滞在中の病院が、ベータが引き連れてきたウォーカーの大群に囲まれてしまったために身動きが取れなくなってしまう。

こんな状況に不安視する子供たちに、5本の指をそれぞれのコミュニテイに例えて「ひとつにすれば強力な武器になる」と説明するが、不安げな様子は変わらず。

ダリルやキャロル一行は、ウォーカーの群れの中をうまく掻い潜りながら病院内に避難をする。

また、ステファニーと会う約束をしているユージーン一行は、自転車を漕ぎながら進んでいる途中。

そして、リュックを背負ったひとりの男が「オーシャンサイド」の門をくぐり、先に進んでいた。

アーロンとアルデンは囁く者達とバトルを繰り広げていたが、そのとき鉄仮面を被った謎の人物が登場する・・・

マギーが久しぶりに登場し、土に埋めてあったかつての仲間(ジーザス、タラ、イーニッド)の訃報を目にしたのだった・・・

一方、囁く者メンバーとウォーカーの大群を引き連れてきているベータは、アルファの敵討ちと復讐の気持ちに燃えている様子だった・・・・

自転車で進んでいたユージーン一行だが、漕いでいた自転車が壊れてしまい、ステファニーと会う約束の時間に間に合わないと不安げな様子だったが、仲間の励ましによって待ち合わせ予定の場所に再び向かう。

 

 

いつもの方法で、ウォーカーの大群から脱出を試みる一行と、病院内に立てこもるメンバー達の行動

 

ウォーカーの大群に外を囲まれてしまったダリル達は、例の如くいつものように、ウォーカーの血肉を身体に塗りたくることで、身内であると思わせる方法で、襲われることない状況のなか脱出を図ることに。

そして、まだ病院の中に残っているメンバーの援護を受けながら、うまく雲隠れをしながらも、囁く者メンバー達を片付けて行く。

一方、病院内に残ったメンバーの元にも、囁く者達の魔の手が。ジュディスが確認し、建物内に侵入されないようにバリケードを設置していく。

一方、同じ病院内にいるニーガンとアルファの娘・リディアが会話をしている。ニーガンは「今ここで何をしても信用されない」「ここからそっと出て死人を通り抜けろ」とアドバイスして、自分が持っていた「囁く者達」のマスクを渡す。

リディアとの会話を終えた後、ニーガンはひとりロープを命綱にして、エレベーターがあったと思われる場所から降りて行く。

囁く者達のメンバーに攻撃されたことで、ウォーカーの大群に襲われたメンバーもいたため、若干の犠牲者が出たものの、うまく逃げ延びることができたダリル達。

そんな彼らの元に、ニーガンから渡されたマスクを被ったリディアがキャロルと合流し、行動を共にする。

一行は、音楽を流しながらウォーカーの大群を誘導していた。途中、歩く速度が早くなったウォーカーを蹴散らしてはいくものの、数が多すぎて手に負えなくなり、馬車を捨てる事にした。

 

 

病院に残るメンバー達と囁く者達との闘い

 

一方、病院を襲撃する囁く者達メンバーがいよいよバリケードを突破しようとしていた・・・・

ゲイブリルは、一人残って戦う決意をして、残ったメンバーは避難していた。ゲイブリルはひとりで囁く者達と戦うが、1対3と不利な状況の中、命を落としかけたが、そんな窮地を救うものが現れた。

なんと、冒頭に現れた仮面の人物とアーロンとマギーだった!

 

 

馬車を失ったメンバー達の行動

ひとりどこかに消えたと思ったニーガンが、囁く者達の群れの中に現れて、ベータを挑発する。挑発に乗ったベータは、ニーガンに攻撃しようとしたそのスキに、ダリルがベータの両目をナイフで刺す。

そんなベータに対して、ウォーカーの大群が襲い掛かって食い散らかしていったのだった・・・

一方、夜が明けて崖の近くに来ていたキャロルは、自らを犠牲にして崖にウォーカーをおびき寄せる覚悟でいた。

そんな折、ウォーカーのマスクを被ったリディアが、キャロルの手を引いて崖から落ちようとするキャロルを救い出す。

ウォーカーの大群は、次から次へと崖から落下していくなか、リディアは自分が被っていたマスクを投げ捨てた。

 

 

 

囁く者達との戦いを終えて

 

囁く者達との戦いが終わったことで、避難した場所にて休息中のなか、マギー一行も合流。キャロルとリディアも合流した。

ダリルとキャロルは語らいながら、「お前には俺がいる」と励まし、ハグをする。

一方、泥まみれになったオーシャンサイドの女性メンバーが意識を取り戻すと、目の前には馬に乗った男が現れる。しかし、女性は再び意識を失ってしまうのだった。

そのまた一方で、時間は夜中。ステファニーとの待ち合わせ場所にたどり着いたユージーン一行の前に、まるでスターウォーズのストームトルーパーのコスプレをしたような連中が現れて、銃を突きつけられる。

いったい、彼らは何者なのだろうか?

 

 

 

 

ウォーキングデッドシーズン10・16話の感想

 

2シーズンにわたる囁く者達との長きにわたる戦いが終わりましたが、ベータの最後があっけなかったように思いました・・・

海外ドラマや洋画によくあるパターンかなとは思いますが、劇中ではなかなか苦戦するのに最後はあっけないという感じですかね。

また、ラストでキャロルがダリルに話した「まだやることがある」というセリフやハグをしたシーンは、2023年からスタート予定のスピンオフに繋がる「何か」を予感させられましたね!

そして、過去シーズンからは考えられませんでしたが、ニーガンがかなりいい奴になっていて驚きだったし、彼が居なかったらアルファもベータも倒せなかったんじゃないかと思うほどでした!

今後も活躍が期待されるニーガンですが、ダリルとキャロルのスピンオフには出ないかもしれませんね。

だけど、別のスピンオフではウォーキングデッドの登場人物のアナザーストーリー的な話を展開していくようだし、原作漫画でもニーガンのスピンオフはあったので、そちらには登場しそうな気がします。

また、シーズン10は色々あったので、追加で6話が新たに加わるようで、2021年のあたまには全米で放送されるとのこと。

内容的には、シーズン11に繋がるものとのことですが、物語が進むのはシーズン11からだと思うので、オマケみたいなものかもしれませんね・・・

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です