ワンダーウーマン1984のネタバレと感想まとめ!あのキャラが復活した理由とは?

ワンダーウーマン1984のネタバレと感想まとめ!あのキャラが復活した理由とは?

諸事情によって、劇場での公開が遅れていた映画「ワンダーウーマン1984」が、遂に2020年12月18日に全国ロードショーとなる運びとなりました。

本作では、新たな敵・チーターの登場や、ワンダーウーマンの新コスチューム?!が観られたり、そして前作で死んだと思われていたあのキャラが復活するようで、見どころも盛り沢山のようです!

この記事では、映画「ワンダーウーマン1984」について、ネタバレや感想をまとめていきたいと思います!

スポンサーリンク

 

映画「ワンダーウーマン1984」について

 

 

ワンダーウーマンがパワーアップ?!

 

 

海外の公式と思われるツイッターアカウントを見ていると、新作「ワンダーウーマン1984」では、ワンダーウーマンが新しいコスチュームをまとうようですね。

恐らくはパワーアップするものと思われますが、ヴィラン(敵)のチーターとの戦いに備えてなのかが気になるところです。

 

 

メインキャラは4人?!

 

 

これまた海外の公式アカウントと思われるものを見ていると、メインキャストっぽい人物の写真がありました。登場人物名は、以下になります。

  • ワンダーウーマン
  • スティーブ
  • チーター
  • 実業家・マックス

 

 

ワンダーウーマン

もともとは女性だけの島・セミッシラに住んでいて、戦士になることを夢見ていた。スティーブとの出会いがきっかけで島を出る事となる。その後は「外の世界」の異文化に違和感を抱きながらも、平和の為に戦うが人間の「欲望」を知って愕然とする。

しかし、スティーブとの会話を思い出すなかで、人間の良さを再確認することができた彼女は、人間を守るために戦いの神・アレスと決着をつける。その後は、考古学者として人間社会に馴染んでいた。

 

 

マックス

一見ビジネスマンのような外見だが、その裏では欲望を操るとされる「ドリームストーン」を手にして世界を崩壊させることを目論んでいる。

そして、ドリームストーンを使って人類の欲望を操り、ワンダーウーマンを追い込んでいくのだった・・・

 

 

バーバラ(チーター)

 

スミソニアン博物館に勤務するダイアナ(ワンダーウーマン)の同僚で、地味な雰囲気だったが、その裏では心に野心を宿していた。

その野心が、マックスの持つ「ドリームストーン」によってチーターに変貌を遂げるのか?!

【ワンダーウーマン1984】ヴィランのチーターについて徹底解説!【ワンダーウーマン1984】敵(ヴィラン)のチーターについて徹底解説!

 

スティーブ

前作「ワンダーウーマン」にて、人間社会を知らないダイアナに色々とレクチャーしたり、共に世界の脅威に立ち向かったが、残念なことに命を落としてしまった。

しかし、「ワンダーウーマン1984」では謎の復活を遂げて、再びワンダーウーマンを支える存在となる?!

また、本作ではある意味未来にタイムスリップしたような感覚の為、前作とは逆の立場で1984年の社会をダイアナから教わることになる。

ワンダーウーマン1984でスティーブが復活した理由を考察!ワンダーウーマン1984でスティーブが復活した理由を考察!

 

スポンサーリンク

 

ワンダーウーマン1984の見どころを考えてみた!

人間の欲望を叶える、「ドリームストーン」を巡る戦いに注目

 

本作「ワンダーウーマン1984」では、チーターのほかに「マックス(実業家)」の2人の敵が登場します。

そして、それぞれが「強い欲望」の持ち主であり、それを強い力に変える「ドリームストーン」の恐ろしさを垣間見る事になりそうです・・・

また、前作で死んだはずのトレバーがまさかの復活を遂げるという事ですが、DCドラマの「フラッシュ」などでよくあるマルチバースからやってきたのか、それとも生き返る何かしらのきっかけがあったのか?

監督は、1作目の撮影中に本作の展開を思いついたとのことですが、「ワンダーウーマンとは、私たち自身」とメッセージを残すだけで多くを語ろうとはしませんでした。

個人的に思うのは、スティーブが生き返ったのは、「ドリームストーン」によって、ダイアナ(ワンダーウーマン)の欲望というか、強い想いを具現化したのではないかと予想します。

 

 

スティーブが再登場した理由を考察

 

1917年に死んだはずのスティーブが、当時そのままの姿で生き返るわけですが、いったいどんなきっかけで生き返ったのかが最も注目すべき点で、本作のキーポイントになりそうです。

上にも書きましたが、恐らくはドリームストーンがダイアナの願いを叶えた可能性がありそうです。

また、前作ではダイアナに対して人間社会のことをレクチャーしていたのに対して、「ワンダーウーマン1984」では、ダイアナが逆に1984年の世界をレクチャーします。

 

 

謎の実業家・マックスの目的とは?

 

本作では、チーター以上に厄介な敵になりそうな実業家・マックスは、ドリームストーンを使って人間の欲望を煽り、世界崩壊を企んでいるようですが、人間の欲をどのようにして危機的状況に変えていくのか、そのような描写の仕方に注目したいところです。

 

 

チーターとワンダーウーマンが共闘する可能性は?

元々は地味な一般人で考古学者だったバーバラが、ドリームストーンの力によって「チーター」に変貌を遂げてワンダーウーマンと敵対するようですが、

もともとは同じ職場の同僚で友人関係でもあったようですから、もしかするとマックスを倒すために共闘する可能性もありそうですね!

 

 

 

ワンダーウーマン1984のあらすじ

 

※後ほど追記しますので、お待ちください。

 

 

 

ワンダーウーマン1984の感想

 

※後ほど追記しますので、お待ちください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です