ゾンビ映画ランキング50選2020最新!名作、おすすめ、コメディ、B級など徹底解説!

ゾンビ映画ランキング30選2020最新!名作からおすすめの話題作まで徹底解説!

映画や海外ドラマのなかでも、地味に?!人気があるジャンルと言えば「ゾンビ」ではないかと個人的に思います。

日本でも、海外ドラマの「ウォーキング・デッド」や、ゲーム「バイオハザードシリーズ」も人気が高いです。

また、「ウォーキング・デッド」や「バイオハザードシリーズ」がきっかけで、ゾンビ映画に興味を持った方もおられるのではないかと思います。

そこで、この記事ではゾンビ映画について、名作から話題作まで選りすぐりの作品をランキング形式でご案内していきます!

この記事をお読みいただくことで、どのゾンビ映画がおすすめなのかがわかるようになりますので、最後までお付き合い頂けると嬉しいです!

 

 

ゾンビ映画ランキング50選!【2020最新】

 

ここからは、ゾンビ映画をランキング形式でご案内していきます。選りすぐりの50選となっているので、お気に入りの1作が見つかるかもしれませんね?!

この記事には、50タイトルに及ぶ膨大な量のゾンビ映画をピックアップしているので、10作品ごとにページを区切っています。

50位から遡っていくような感じにしており、ページ下にある数字をタップしていただくと、ページが切り替わるようになっていますのでよろしくお願いいたします。

 

第50位 インド・オブ・ザ・デッド

 

 

恐怖と爆笑の痛快エンタテインメント作品が日本へ上陸!失職したハルディク、失恋したラヴ、そして彼らに巻き込まれた憐れなバニーは、ムンバイから「ヒッピーの聖地」として知られるビーチリゾート、ゴアを訪れる。3人は離島を会場としたロシア人マフィア主催のレイヴパーティーに忍び込むが、そこでお披露目された新型ドラッグは、食べた者がゾンビ化するという、とんでもない代物だった…!

 

制作国 アメリカ、アナダ
製作年 2009年
上映時間 90分
評価(filmarks) 2.9

20代女性

クオリティはB級ですが、最後まで勢いがあるので楽しめました。全体的に明るくコメディ要素もあるので、クスッと笑いながら見れます。低予算なので粗い部分もありますが、それも魅力ですね。インド映画としても、ゾンビ映画としても楽しめる作品ではないでしょうか。グロ描写はありますが、痛々しい映像ではありません。テンポが良いのでとても見やすかったです。

 

 

 

第49位 サバイバル・オブ・ザ・デッド

 

 

巨匠、ジョージ・A・ロメロが手掛けた『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』の後日談的作品。ゾンビが人間を襲う衝撃的ニュースから4週間、世界は死者が跋扈する地獄と化していた。そんな中、元州兵のサージたちは“安全な島”の噂を聞き…。

 

制作国 アメリカ、アナダ
製作年 2009年
上映時間 90分
評価(filmarks) 2.9

 

30代女性

B級ゾンビ映画という感じです。その強いイメージの中でも、人間とゾンビの戦いは、しっかりあり、今のゾンビたちは、足がはやかったりしますが、この映画のゾンビは、走りも遅いです。でも私の中では遅いイメージなので、これがゾンビ映画だと思います。しかし、バイオハザードみたいな映画とは、違うので物足りなさも多少あります。内容も本当にシンプルです。ゾンビの、特殊メイクはイマイチでした。シンプルに見るという感覚で視聴するといい映画です。

 

 

 

第48位 ゾンビの中心で、愛をさけぶ

 

 

倦怠期の夫婦に突如世界の終わりが訪れるサバイバルラブストーリー。カレンとジョンの結婚生活は崩壊寸前。そんなある日、ゾンビ化する伝染病が発生し、感染は拡大していく。ふたりは感染しないようマンションに閉じこもり、救助を待つが…。

 

制作国 スウェーデン、デンマーク
製作年 2019年
上映時間 95分
評価(filmarks) 3.4

 

20代男性

ゾンビ映画にも関わらず基本的には恋愛要素が強いのが特徴的でそれが新しいなと思いました。夫婦の倦怠期の時にゾンビのパニックが起こってしまうのですが、ある部屋で閉じこもることによってお互いに好きが再燃するという映画でずっといることによっての愛情というのはあり得るのかなと思いました。この映画で付き合っている人にさらに尽くそうと思えました。

 

 

第47位 ゾンビ・ハイスクール

 

 

アメリカ屈指の名門リンカーン高校。いじめられっ子のエディは、いじめっ子のブラッド、学校一の美女でチアリーダーのジャネット、アメフト部のジミー、ゾンビ映画オタクのパンク少女ウィローらと一緒に補習授業に参加していた。すると突然、生徒の一人がうめき声を上げ苦しみ出す。そして保健室に連れて行こうとした先生に噛み付き、教室内は大騒ぎに。エディたちが外に逃げ出すと学校中の先生、生徒がゾンビと化していた!

 

制作国 アメリカ
製作年 2012年
上映時間 87分
評価(filmarks) 2.9

 

20代男性

ゾンビというものの怖さを感じるほかにも、学校でのパニック映画になっていてそのパニックさがリアルで良かったです。また、小学生たちがゾンビになっているのですが、小さいながらもゾンビなのでそこそこな戦闘力があるのでその怖さがありました。また、主人公の勇気と身体能力の案外ある感じがすごくびっくりしました。また、ストーリー的にもハラハラする展開が多くて良かったです。

 

 

第46位 最終感染 アンチ・ソーシャル

 

 

20XX年、大ヒット・ソーシャルメディア「レッドルーム」で突然発生した、SNSを媒介として人体に寄生するウイルスにより、「レッドルーム」に繋がった世界中の人間がゾンビ化。数少ない生存者たちは荒廃した世界を逃げまどっていた…。

 

制作国 カナダ
製作年 2016年
上映時間 92分
評価(filmarks) 2.6

 

20代男性

パンデミックサイトの続編で、感染の仕方がsnsという新しさがあってそこにまずびっくりしました。感染の仕方自体はウイルスの詳しいことは映画の中では特に描かれていなかったのでそこでの不満はありますが発想の新しさが良かったです。そこでどんどん感染が広がっていくのですが、その後はよくあるパニック映画でした。しかしながら、主演の男性の子供を思う気持ちが描かれていてよかったです。

 

 

 

第45位  フリークス・シティ

 

 

『ソーセージ・パーティー』のジョナ・ヒルが製作総指揮を務めたSFホラーコメディ。アメリカの片田舎にあるとされる街・ディルフォードではヴァンパイアと人間、ゾンビが平和に暮らしていた。そんな街にUFOに乗ったエイリアンが襲来し…。

 

制作国 アメリカ
製作年 2017年
上映時間 92分
評価(filmarks) 3.4

 

30代女性

ファンタジーちっくな、ゾンビ映画だなと思います。また、ゾンビと人間と吸血鬼がでてくる映画になっているのですが、なかなかこいう映画は、ないなと思います。ましては、エイリアンもでてきますが、いろいろありな映画で、見ているうちに、怖いというか、笑えてきます。ついつい最後まで見てしまう、ゾンビ映画です。見る価値はあると思います。イケメン吸血鬼もでてきますし、不思議な世界観でおもしろさもあり、ハラハラもありました。

 

 

第44位 RE-KILL 対ゾンビ特殊部隊

 

 

人類の80%がゾンビ化した世界で、ゾンビ抹殺の使命を負った精鋭部隊の活躍を描いたアクションホラー。人をゾンビ化させるウイルスの感染を免れたN.Y.に、ゾンビが運び込まれていると知った精鋭部隊・R師団。真相を知るべくN.Y.に向かうが…。

 

制作国 アメリカ
製作年 2015年
上映時間 87分
評価(filmarks) 2.8

 

30代女性

ゾンビになった町に特殊部隊を送り込まれるのですが、若干画面は暗くなる部分があって見にくい場面もあります。また、ゾンビがかなり速いです。ゾンビが速いので銃でガンガン襲つところは、迫力があります。噛まれたらすぐ感染します。展開は、かなり速いので目が離せません。何千人ものゾンビが追いかけてくるシーンなんか、ドキドキが止まりませんでした。あんなの、絶対に無理と思いながら妄想しながら、見ていましたが、とにかく迫力はあるので面白かったです。

 

 

第43位 アイ・アム・レジェンド

 

 

ロバート・ネビルは、優れた科学者だが、彼でさえその恐ろしいウイルスを食い止めるすべを知らなかった。それは誰にも封じることができず、治すこともかなわず、しかも、人間が作り出したウイルスだった。なぜか免疫があったネビルは、荒れ果てたニューヨークでただ1人生き残っていた。3年間、彼は毎日無線で必死に他の生存者を捜してきたが…。

 

制作国 アメリカ
製作年 2007年
上映時間 100分
評価(filmarks) 3.4

 

40代男性

この映画では、ウィルスを感染していない人は主人公だけであとはナイトシーカーというゾンビ感染者しかいない世界でした。

今までの映画はゾンビ感染者が大量発生してたくさんの人を襲うパターンでしたが、この映画ではほぼ終わった世界の中でたった1人で生き抜きさらにワクチンを作ろうとする姿がとても痛々しくも僅かな希望を感じさせてくれます。

 

 

 

第42位 スリーデイズ・ボディ 彼女がゾンビになるまでの3日間

 

 

美しい女性があるきっかけからゾンビになっていく3日間を描くサスペンス・ホラー。女しか愛せない美女・サマンサは、恋人の冷たい態度に悩み、勢いで見知らぬ男性と関係を持ってしまう。だがその翌朝から彼女の身体に異変が起き始め…。

 

制作国 アメリカ
製作年 2014年
上映時間 84分
評価(filmarks) 3.2

 

20代男性

自分自身がゾンビになってしまうというような恐怖があるような映画でそれが見ていて飽きないです。新鮮さがあります。また、ゾンビに自分がなっていく過程でこの人はなんとか症状を抑えようと努力したり、恐怖に怯えたりするのですがその姿が本当に切なかったです。ゾンビになるというのはリアルに怖いなと思いました。

 

 

 

第41位 パンデミック・サイト

 

 

SNSを通じて感染する新型ウイルスの恐怖を描いたパンデミックスリラー。全世界で流行中のSNS・レッドルーム。誰もがサイトに動画や写真を投稿して繋がっていたが、大晦日の日、突然利用者が凶暴化。そのウイルスがレッドルームを通して蔓延していく。

 

制作国 カナダ
製作年 2014年
上映時間 90分
評価(filmarks) 2.9

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です